中標津町郷土館ブログ 学芸員日誌【書庫】
nakakyou.exblog.jp
このブログ内における広告は、運営会社により掲載されているもので当館が推奨するものではありません。ご了承ください。
コンテンツ
カテゴリ
以前の記事
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2011年1月29日(土):来週は冬まつり


青空が出ていたが、午前中は特に雲多めであった。
最低気温は空港の-19℃、最高気温は上標津の-4.6℃。
寒い!
が、ここ3週間くらいが寒さのピークなのでいたし方あるまい。

今日は今昔写真をどうぞ。

↓中標津駅(昭和9年撮影)
e0062415_17444451.jpg


↓現在
e0062415_1745355.jpg

南2丁目シンボルロードを東方向へ撮影。

この周辺、来週に入ったらお祭りとその準備のためたくさんの人が集うことになる。
↓これは雪像のブロック
e0062415_17494875.jpg

一部ではすでに始まっております。





e0062415_8531330.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2011-01-29 17:50 | 今昔写真 | Comments(5)
Commented by 持田 誠 at 2011-01-30 10:45 x
帯広百年記念館学芸調査員の持田と申します。上記、昭和9年の中標津駅の写真、拝見しました。相対式ホームの位置をずらした上で、駅本屋側のホーム中程に階段を設置し、渡線路と呼ばれる構内踏切を通す構造は、行き違い設備を持つ路線で比較的よく見られた構造で、この写真はよくその構造を記録して面白いですね。
ところで、駅本屋の構内踏切へ降りる階段のところに、白い袋状のものが見えます。これは何かが気になります。もし拡大できるようでしたら確認してみてください。郵袋もしくは郵便行嚢にしては幅が広すぎる気がするので、一般的な荷物袋なのかもしれませんが・・・。
Commented by nakakyou_blog at 2011-01-31 09:00
持田さん
はじめまして^^
白い袋の部分、写真を切り出してみました。
う~ん・・・色もサイズもちょっと違うような気もします。
が、自分ではなんとも判断がつきかねます。
いかがでしょう。
Commented by 植民軌道つながりのK at 2011-01-31 17:24 x
従前、機会があって、この写真を拝見したときと、印象はかわらないのですが、おそらく。構内踏切のところの白い物体は、工事の作業中の人ではないかと思います。
中標津駅自体の開業前ではないかと推定していますが(ただし、今のところ決め手なし)、根室標津方の出発信号機がないので、少なくとも、全通前であることは間違いなさそうです。
Commented by nakakyou_blog at 2011-01-31 18:01
Kさん
袋でなくて人!?ですか
ん~・・・、そういわれればなんだかそのようにも見えてきますね(笑)
Commented by 持田 誠 at 2011-02-01 10:04 x
さっそく拡大ありがとうございます。たしかに郵袋関係ではなさそうですね。ホーム中央の切り取り部の真上にブツが載っているように見えたので、”渡し”を架けてその上に何かあるのだと思ったのですが、”人”という可能性は考えていませんでしたね。出発信号機が見当たらないのは私も気になっていました。そのため、もし例の袋が郵便関係だとすると、予定されている鉄道郵便線路が開通する前に、駅舎が集配経路の拠点として既に利用されているケースなのかなと考えたモノですから。