「ほっ」と。キャンペーン
中標津町郷土館ブログ 学芸員日誌【書庫】
nakakyou.exblog.jp
このブログ内における広告は、運営会社により掲載されているもので当館が推奨するものではありません。ご了承ください。
コンテンツ
カテゴリ
以前の記事
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
カテゴリ:神社( 15 )
2010年1月15日(金):早くも1月半ば(地域の神社シリーズ最終回)

朝から晴れ。
その分冷え込み、最低気温は中標津の-18.5℃と「最も寒い時期を下回る」であった。
最高気温は中標津の-2.6℃。
いやはや寒いです。

「地域の神社シリーズ」その14(最終回)
計根別神社
e0062415_1315351.jpg

隣の計根別小学校と共に、境内には巨木が多くあります。
e0062415_132434.jpg

e0062415_1321122.jpg

e0062415_1322196.jpg


e0062415_1325784.jpg


↓表面
e0062415_133870.jpg


↓裏面
e0062415_1332028.jpg


詳しくは北海道神社庁
http://www.hokkaidojinjacho.jp/top.html
計根別神社のページを参照ください。
http://www.hokkaidojinjacho.jp/data/16/16015.html
※先代の写真が使われています

今日は、来週以降の準備あれこれ、資料作成、ネガ整理、施設巡検、行政事務など。
夜は釧根地区の文化財関係者の集まりのため厚岸町へ。
[PR]
by nakakyou_blog | 2010-01-15 18:00 | 神社 | Comments(0)
2010年1月14日(木):夜はナカシベツ大学

今日もまずまずのお天気。
特に午後からの日差しが力強かった。
最低気温は空港の-11.8℃、最高気温は中標津の-1.5℃。

今日も写真が撮れていないので、
「地域の神社シリーズ」その13
中標津神社

↓神社の階段右手。揮毫は元北海道長官佐上信一氏
e0062415_16364619.jpg

e0062415_1775386.jpg


↓鳥居のすぐ傍にある石灯籠
e0062415_1637790.jpg

e0062415_16371814.jpg


現在の本殿
e0062415_16373020.jpg


昭和40年代
e0062415_16375246.jpg


昭和初期
e0062415_1638437.jpg

※写真撮影者は神社造営の提案者であった佐藤恒市氏なので、完成間もない頃かもしれません

敷地内にある稲荷社
e0062415_16381690.jpg


詳しくは、
北海道神社庁 中標津神社のページをどうぞ
http://www.hokkaidojinjacho.jp/data/16/16011.html

今日は、天然記念物関係の連絡調整や会議準備、ネガ整理、文化財関係事務、歴史系調べ物、収蔵庫にて資料整理など。

夜は文化会館にて「ナカシベツ大学」の講義。
今回は、歴史系のお話し(というか映像がメイン)。
約80年前と46年前の中標津を見てもらおうと思っている。

―追加写真―
e0062415_905517.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2010-01-14 17:30 | 神社 | Comments(10)
2010年1月9日(土):快晴の連休スタート
本日、1月9日から郷土館は通常開館となりました

晴れ。
最低気温は空港の-16.8℃(今季最低)、最高気温は中標津の-1.2℃と平年並み。
久しぶりにシバれた。
今日からスケートの全道大会が中標津で開催されているのだが、ビシッっと冷えてスケートにはすこぶるよいのではなかろうか。

「地域の神社シリーズ」その12

相馬妙見神社(=北開陽神社)(開陽)
e0062415_1765969.jpg

e0062415_1771031.jpg

e0062415_1772170.jpg

祭神:天之御中主大神

「中標津町史」では、
大正10年9月、23線21号に神柱を建立して神事を行う。
昭和9年9月神殿を新築した。
とあり、

一方、
「中標津町五十年史」では、
昭和4年9月福島県の移民団長の富沢吉次郎と紺野市之助が発起人となって23線20号に標柱を建立した。
その後、離農が相次ぎ世帯が減少。

と、微妙に違う・・・ ヽ(。_°)ノ?

というわけで、
開陽部落史数冊に当たってみたところ、
「昭和4年9月福島県の移民団長の富沢吉次郎と紺野市之助が発起人となり、志賀安太郎、松山和作、玉沢鶴之助などと協議して、23線20号の通称丸山に標柱を建て、相馬妙見神社としてお祀りをしていた。
昭和10年9月、氏子38戸の寄付によって神殿を新築奉納した。
戦後この地区も離農者が相次ぎ、世帯数も1ケタ代まで減少したので、この神社をお祀りすることが難しくなったので、やむなく玉沢氏にお返しすることとして、従来の氏子は開陽八幡神社の氏子となった。」
つまり、現在は開陽八幡神社が、開陽一円の氏神としてお祀りされているのだそうな。
[PR]
by nakakyou_blog | 2010-01-09 17:07 | 神社 | Comments(0)
2010年1月6日(水):吹雪の御用始め

昨晩からの吹雪は一向に弱まらず、終日吹雪。
最低気温は上標津の-0.4℃、最高気温は中標津の0.8℃。
湿った雪に6~7m風。
積雪深は現段階で22㎝だが、さらに積もりそう( 'A` )うへー

おかげで道路はガッタガタのズルグシャ。
e0062415_18513275.jpg

開陽台のライブカメラはズ~っとこんな状態。
e0062415_18522946.jpg

町内でも通行止めの区間があったりした。
e0062415_18551130.jpg


「地域の神社シリーズ」その11
東西竹神社(41線北14号)
e0062415_18553242.jpg

e0062415_18554653.jpg

e0062415_1856024.jpg

祭神:天照大神(保食神社)

昭和22年創建。
昭和36年6月、同敷地内で位置を変更したが、東西竹へき地保険福祉会館が建設された昭和48年に開館裏へ再移転した(「中標津町史」、「中標津町五十年史」より)
※毎年畜牛品評会を行い、牛祭りを兼ねる(「郷土研究なかしべつ第2号」より)

今日は、年明けなのであれこれ処理、そしていくつかの問い合わせ対応、文化会館にて16ミリフィルムの複写作業、講義準備、行政事務他。
[PR]
by nakakyou_blog | 2010-01-06 18:57 | 神社 | Comments(0)
2009年12月29日(火):また除雪

写真は昨夜の雪の様子。
e0062415_1752024.jpg

今回の積雪は20㎝程であったが、前回とはうってかわって重たい雪。
朝から除雪で勤務前からグッタリ。

当然、出勤しても除雪・・・。
e0062415_1752994.jpg

とりあえず日中はスッキリと晴れたのが救いであったか。
e0062415_1753915.jpg


ただ、このままでは済まないらしく、明日も降るような予報である・・・(-_-)モウイイヨ

最低気温は上標津の-2℃、最高気温は中標津の2.6℃。
妙に暖かいと思ったら、久々のプラス気温ではないか。

今日は、2施設の除雪、書庫・事務室内・自分の机まわりの整理、成人式関係の準備手伝い、その他行政事務など。


「地域の神社シリーズ」

その10
東計根別神社(43線北6号)
e0062415_1755382.jpg

e0062415_176141.jpg

e0062415_176919.jpg

祭神:天照大神

昭和2年9月15日創建(「中標津町史」より)

創建当時は中標津市街地に向かって左側にあったが、後に道々右側に移転して現在に至っている。氏子は2年毎に部落会員2人が持ち回りで担当している(「中標津町五十年史」より)

この地区の入殖時は、岩手、宮城、福島県人がそれぞれ神社を有していたのだが合祀した(「郷土研究なかしべつ 第2号」より)」

また、当初は当野神社であったが、当幌神社と混同しやすいため、現在は東計根別神社と名称が変更された。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-12-29 17:55 | 神社 | Comments(2)
2009年12月27日(日):除雪級の雪

昨夜から雪が降り、15cmほどの積雪となる。
つまり各家庭における日曜日朝一番の仕事は除雪なのであった。
その後は青空が数時間顔を出す。
最低気温は上標津の-4.1℃、最高気温は中標津と空港の-0.1℃。
ようやく冬らしくなった。

「地域の神社シリーズ」

その9
南宮神社(50線北21号)
e0062415_1714075.jpg

e0062415_1721047.jpg

祭神:美濃一宮にある南宮神社の分神

昭和4年6月創建。
昭和63年、現在地で全面改修を行った。
氏子総代はその時の農事会長が務めている(「中標津町史」、「中標津町五十年史」より)

併せて馬頭観世音を祀っている
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-12-27 17:03 | 神社 | Comments(4)
2009年12月26日(土):2009年最後の土曜日

午前中は晴天。
その後雲が出てきてしまった。
最低気温は空港の-13.4 ℃、最高気温も同所で-1.8℃。

「地域の神社シリーズ」

その8
西竹神社(旧若竹小学校横)
e0062415_16185084.jpg

e0062415_16191613.jpg

e0062415_16193922.jpg

祭神:天照大神

昭和15年6月創建(当時は45線北13号)。
その後、若竹、新栄部落が生まれたので昭和18年に移転し、
昭和52年、若竹小学校の移転建設に伴い、現在地に移転建立した。
(「中標津町史」、「中標津町五十年史」、「郷土研究なかしべつ第2号」より)

若竹なれど西竹と、チトややこしい。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-12-26 15:47 | 神社 | Comments(0)
2009年12月25日(金):本日クリスマス

青空は出ていた。
が、少々雲多めで雪もチラチラするような空模様。
最低気温は空港の-11.1 ℃、最高気温は中標津の-2.4℃。

何となく、昨年の今日は何度くらいだったのか、と見返してみると・・・、最高気温5℃!
ずい分暖かいクリスマスだったのだなあ。

写真は、オオハクチョウ。
e0062415_17584614.jpg

用足しのため郷土館に行った際、丸山公園上空にオオハクチョウが数羽やってきた。

が、
現在池の水面がほとんど出ていないため、素通り(-_-)ウーム
ことしはオジロワシも見れないかも・・・。

「地域の神社シリーズ」その7
当幌神社(36線北2号)
e0062415_1759468.jpg

e0062415_180593.jpg

e0062415_1802326.jpg

e0062415_1803731.jpg

e0062415_1805392.jpg

祭神:天照大神

創建は昭和3年。
昭和11年に改築して現在に至る(「中標津町史」より)

神殿の建立当時は氏子総代制をとっていたが、その後は、時の連合部落会長が務めることになった(「中標津町五十年史」より)

今日は、来年度予算の財政ヒアリング、文化財関係事務、学校での授業用資料作成、あれこれとあちこちへ用足し、郷土データ入力、行政事務ほか。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-12-25 18:01 | 神社 | Comments(0)
2009年12月23日(水):明日からしばらく休館します

朝方は気持ちのよい晴れ。
その後はうっすら雲がかかってしまった。
最低気温は中標津の-12.4℃、最高気温は空港の-1.4℃。
寒さはさして変わらないが、冬至を過ぎてこれから少しづつ日が長くなるのは嬉しい。
が、まだまだ3時頃でこんな具合である。
e0062415_16552551.jpg


今日は郷土館関連施設の点検と大掃除ほかあれこれ作業。

というのも、明日(12月24日)から2010年1月8日まで、郷土館が少し長い休みに入るためです。

それと、
郷土館と丸山の間の道は落雪の危険があり、管理する人も常駐しないことから、休み中は通行止めとします。
ご協力よろしくお願いいたします。


「地域の神社シリーズ」その6
豊岡神社(35線南6号)
e0062415_171174.jpg

e0062415_1713019.jpg

祭神:天照大神

昭和7年に創建。
昭和29年に改築。
平成3年、老朽化により全面改修を行った。
総代はその時の部落会長が務めている(「中標津町史」、「中標津町五十年史」より)

e0062415_176119.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2009-12-23 17:04 | 神社 | Comments(0)
2009年12月22日(火):半日まるまる会議

青空は出ていたものの、しだいに雲が多くなってしまった。
最低気温は中標津の-10 ℃、最高気温は中標津と上標津の-0.7℃。
少しシバレが和らいだようだ。

今日の午前中は、郷土館にてあれこれ、歴史系データ入力、午後からは委員になっている景観審議会に出席(3時間の長丁場だった)、終了後も景観関係の事務を少々。

そんなわけで、
写真がないため、
今日は「地域の神社シリーズ」

その4
俣落拓北神社(俣落市街)
e0062415_17224059.jpg

e0062415_1964670.jpg

e0062415_197040.jpg

祭神:天照大神

※昭和40年、共栄部落にあった拓北神社が俣落神社に合祀されたことによって名称変更。
俣落神社は、大正8年6月15日、32線52番地に神柱を建立。その後昭和13年4月に神殿を建立し、昭和30年11月に神殿を改築。
昭和62年、「母と子の家」増築事業に伴って現在地に移転。あわせて鳥居が新築された。

その5
開陽八幡神社(開陽市街)
e0062415_17224723.jpg

祭神:八幡大神、豊受け大神

入殖直後(大正初期)に神柱を建立して祭事を行い、大正13年8月、神殿を新築した。
昭和15年一部修築(工費304円60銭)したあと、昭和40年9月に開基50周年記念として改築。
昭和59年10月に鳥居が建て替えられた。

※文章はいずれも「中標津史」、「中標津町五十年史」を参考にしました。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-12-22 17:22 | 神社 | Comments(0)