「ほっ」と。キャンペーン
中標津町郷土館ブログ 学芸員日誌【書庫】
nakakyou.exblog.jp
このブログ内における広告は、運営会社により掲載されているもので当館が推奨するものではありません。ご了承ください。
コンテンツ
カテゴリ
以前の記事
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
4月30日(月):黄色い花2種と小さなスミレ
ゴールデンウィークの前半終了と共に怒涛の4月も終了。

今日は晴れてはいたものの気温はさして上がらない上に風がキツく、かなり寒く感じた。
日差しがあったので車や室内にいる分にはよかったかもしれないが…。

とはいえ、開花植物は増えている。
まずはキジムシロ。
e0062415_1751150.jpg


エゾネコノメソウ
e0062415_175281.jpg


そしてアイオスミレ。
小さくて気づきにくいスミレだが、今年は一斉に開花したせいか目に付きやすい、ような気がする。
e0062415_1772934.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2007-04-30 17:07 | Comments(0)
4月29日(日):エンコウソウ
キタミフクジュソウは盛りを過ぎたようだが、春先の黄色い花のひとつであるエンコウソウと町内のとある場所で出会う。

ヤチブキと呼ばれ親しまれている山菜のひとつで中標津ではよく見かける。
もうひとつヤチブキと呼ばれているものにエゾノリュウキンカがあるが、これは山方面に多い。
エンコウソウは“寝ている”が、エゾノリュウキンカは“立っている”が簡単な見分け方。
e0062415_1647912.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2007-04-29 16:47 | Comments(0)
4月28日(土):伝統食
e0062415_2025840.jpg

今日の写真は、昨日養老牛のNさん宅で撮らせていただいた「ヤマメの焼干」である。
オショロコマ、ニジマスが少々混じるものの約350匹とのこと。
春先にこれほど釣れたのはちょっと珍しいそうだ。

この焼干は、3代でおよそ80年近くにわたってつくり続けられているものなのだという。

にしても、写真のサイズ間違えてしまった・・・orz
[PR]
by nakakyou_blog | 2007-04-28 10:01 | Comments(0)
4月27日(金):ガンコウランは花盛り

先日、高山植物で有名なガンコウランの花の写真を撮ったのだが、メスの花を撮りそびれていたので今日はそのリベンジを果たすべく養老牛のNさん宅へ向かう。

が、
昨夜の嵐の名残がたっぷりと残っていて雨。
「養老牛に行くのに大丈夫か?」と心配であったのだが、知ろう会の世話人Aさんの神通力だろう、行く先々で晴れ。
ただし、養老牛方面に向かうにしたがって、今朝の雪のためドンドン牧草地が白くなっていく。

ま、それはさておき、
これがガンコウランのオスの花。
赤いおしべが伸びている。
ガンコウランのオス

そして
メスの花である。
・・・地味。
最初はオスの花が腐ったものかと思ってしまった。
ガンコウランのメス

どちらも1ミリほどであり、写真の方が肉眼より観察しやすいのだ。
オスは赤くて派手、メスは控えめ。
[PR]
by nakakyou_blog | 2007-04-27 17:26 | Comments(0)
4月26日(木):遺跡発見!


午前中、事務仕事と4箇所での用足しを終わらせた後、このブログでもたびたびコメントをいただいている夫婦さんにご案内いただき、自分は未見であったフキタンポポの写真を撮りに行った。
(北海道ブルーリスト:フキタンポポ

フキタンポポ

生えている場所はなんということのない道路っ端だが、この種を知らない人や、車窓から見たのであればフクジュソウにしか見えない可能性が大。
だが、ここは夫婦さんのウォーキングコースなのだという。
それは見つかるわな、とナットク。

その後、合流していた「中標津の植物を知ろう会」世話人のAさんともども、会の学習候補地のひとつへ下見へ行く。
その場所は、「自然を知ろう会」メンバーTさんの散歩コースであるのだが、こちらは少々野生度が高い。
太い樹木、春の植物もよく目に付き、なかなかの適地。

ふと、歩きつつココロに引っかかるものが・・・。
「遺跡ありそうだなぁ」
口にして振り向いた先には竪穴住居跡がポッコリと凹んでいた!。
e0062415_17385616.jpg

写真では分かりにくいが、3.5m四方で深さ40㎝程。
線を引いてみるとこうなる。
e0062415_1739994.jpg

当幌川流域では19番目、町内では66番目の遺跡になるだろう。
近いうちに再度調査に行かなければ。

午後から、件の遺跡の土地について調べたり、その他事務仕事などを終わらせ、郷土館で写真のパネルを張る。
e0062415_17392343.jpg

かなり目を引き、明るくなった感じがする。
[PR]
by nakakyou_blog | 2007-04-26 17:39 | Comments(5)
4月25日(水):太陽は出ずじまい

朝から夕方状態。
暗い・・・暗すぎる。
もうちょっと何とかならないものかとウンザリする(-_-)

午前中は、ホームページの更新や写真の追加を終わらせ、郷土館へ行って新たな展示コーナーを設置する。
と、ちょうど作業が完了したところに現地調査中の監査委員さんがご来館。
展示替えをしてからは初の視察であったが、「見やすくなった」との声が聞けてなにより。
もう少し説明したかったが、残念ながら時間切れ、であった。

午後からは、事務局にて展示室内に設置予定である遊びコーナーの準備の他、あれこれ連絡調整やら事務仕事。

写真は今年お初のキンクロハジロ。
1羽だけだった。
e0062415_17504349.jpg


それと、
昨日の「謎の穴」に問い合わせが殺到・・・してないが、数人から「あれって結局何だったの?」と聞かれる。

まあ、あれこれ説明すると長~くなるのでここでは省かせてもらうが、いくつかの可能性が浮上したものの、実際穴に入って調べた結果、「詳しいことは分からないが、かなりの高確率で自然現象」といったところだろうか。

期待したみなさんスミマセン。
[PR]
by nakakyou_blog | 2007-04-25 17:50 | Comments(0)
4月24日(火):町内グルリ

今日の午前中は「中標津の植物を知ろう会 第2期」。
ヤナギの花数種の観察、フキノトウ、ササの見分けなどについて学習する。
e0062415_17565945.jpg


午後からは、保存樹木の看板関係でまっすぐ図書館へ向かい、その足で資料の№付けのため収蔵庫で作業をし、データを届けるのと展示の打合せのため郷土館へ。

その後、教育委員会に戻って事務仕事をはさみ、グラウンドに突如できた謎の穴の解明のため、計根別小学校へ向かう。

これがその穴(深さ2m程)。
e0062415_17572967.jpg

e0062415_17574182.jpg

穴の中に入ってあれこれ調べ、謎をほぼ解明できたあたりで「自然を知ろう会」のメンバーで養老牛のNさんから電話が入る。
「うちの庭のガンコウランに花か蕾みたいなのがついてるようなんだけど・・・」とのこと。

花の実物を見るのは初めてだった(こんなに早く咲くことも知らなかった)ので、帰るついで(?)にNさん宅へ寄り、写真を撮らせていただく。
e0062415_1757599.jpg

間違いなくガンコウランの雄の花。
大きさは1~1.5ミリ程度と、とても小さい。
[PR]
by nakakyou_blog | 2007-04-24 17:58 | Comments(3)
4月23日(月):まだ地面はシバレてる

青空は見えていたのだが、本日は気温はさして上がらないまま・・・。
今のところ、明日の最高気温の予報は13℃なのでそれに期待しよう。

今日の午前中はネガ整理に集中する。
毎度のことだがなんとも気の張る作業である。

午後からはエゾリンドウ保護増殖事業に関すること(計画を立てたり、酸湿度のデータとり)、HP修正やとデータ入力、展示用の写真選別など。

写真は酸湿度計でデータを取っているところ。
e0062415_17255930.jpg

地面に刺して数分間するとデータが取れるのだ。
勇んで出陣したものの、まだ地面が凍っていることが多く数箇所で断念。
もっと暖かくなってからでないとダメなようだ。

もし草っ原などで、じっと立っている作業服姿の男がいても怪しまないでください。
って、充分アヤシイか(^_^;)


もう1枚の写真は“キタミ”のつかないフクジュソウ。
e0062415_17261624.jpg

運動公園の近くで撮影。
[PR]
by nakakyou_blog | 2007-04-23 17:26 | Comments(2)
4月22日(日):1日限りだったのか?

本日は晴れ。
が、最高気温は13時の9.5℃と昨日に比べるとずい分と気温が低い。
その上、時間の経過に伴ってグイグイと下がってしまい、19時現在では0.3℃!。
昨日の暖かさは春の気まぐれだったのだろうか。

郷土館では、昨日今日となかなかの入館者があったとのこと。
いろいろやっている方としては(目立たないことが多いけど)素直に嬉しいことだ。

本日の写真は丸山公園では結構目にするヒメニラ。
e0062415_2003243.jpg

e0062415_201370.jpg

花はもう少し先だが、葉はずい分伸びてきたようだ。
韓国では食材として使っているとのことだが、ネットで調べてみると愛媛県では「絶滅危惧2類(VU)」となっていた。
一度は賞味してみるべきか迷うところである。
[PR]
by nakakyou_blog | 2007-04-22 20:01 | Comments(0)
4月21日(土):文句なく春

天気が崩れるという予報であったが、午後からは青空が出る。
気温も16時までグングン上がり、最高気温は何と17.8℃!。
もう誰もが「春」ということで異存はないだろう。

まだわずかながら花たちも目に付きはじめたが、写真がかぶってしまうので今日は黒百合の芽三連発をどうぞ。
e0062415_18492154.jpg
e0062415_18493767.jpg
e0062415_18495046.jpg

花は可憐だが匂い、というか臭いが独特なので、かいだことない方は今年是非お試しください(^_^;)
[PR]
by nakakyou_blog | 2007-04-21 18:49 | Comments(2)