「ほっ」と。キャンペーン
中標津町郷土館ブログ 学芸員日誌【書庫】
nakakyou.exblog.jp
このブログ内における広告は、運営会社により掲載されているもので当館が推奨するものではありません。ご了承ください。
コンテンツ
カテゴリ
以前の記事
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
<   2008年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧
1月31日(木):1月末日

寒さが戻った。
朝4時が最低気温で-14.8℃、日中も気温が上がらず-7.0℃。
寒い!

が、

まあ、本来の寒さなのだろう。

写真は中標津の町並み(クリックすると大きくなります)。
e0062415_21452829.jpg

※開陽インさんのご好意により、パノラマを撮らせていただきました。

下の写真は昭和25年春、昔の消防番屋(元郵便局で今はさら地)の火の見櫓から撮ったもの。
つまり58年前の写真である(クリックすると大きくなります)。
e0062415_21454954.jpg

現在、残念ながら同じ場所からの撮影は不可能。
しかし、街の変わりようは一目瞭然であろう。
※写真左側、矢印のある建物が現在の開陽インさんで、そこの4階から撮影。

写真を撮って役場へ戻る途中、中標津大橋の上をカモが横切るように飛んでいった。
「ずいぶん来るなぁ」と思って下流側を見ると、まさにオジロワシがカモに強襲をかけているところではないか。
結局取り逃がしてしまったようだが、その後一旦とまった木の近くまで行ってみるも・・・・、すでにその姿はなかった。

本日は、歴史関係の資料作成、予算関係、特に講義のパワーポイント作成に集中する。
[PR]
by nakakyou_blog | 2008-01-31 21:49 | 今昔写真 | Comments(0)
1月30日(水):査定

朝方の気温は-6℃ほどで、最高気温も-0.1℃と、今日も暖かい一日であった。
ということで、丸山公園の池の水面はドンドン広がり、鳥たちも増えてきた。
e0062415_191657100.jpg

今日はオオハクチョウ12羽(昨日に続き今季最高)、コガモ3羽、マガモ18羽。
e0062415_1917765.jpg

その他、ゴジュウカラ、シジュウカラ、アカゲラが目に付く。
そして、役場に戻ろうとしたところで、郷土館の上をオジロワシが横切った。
e0062415_19171957.jpg

本日は、広報誌の原稿下書き、展示物の作成、講義資料作成、そして来年度予算の査定など。
[PR]
by nakakyou_blog | 2008-01-30 19:17 | Comments(0)
1月29日(火):久々のプラス気温

本日の最低気温は-14.1℃とほぼいつもどおり。
だが最高気温は(プラス)1.5℃まで上がり、久しぶりに真冬日脱出と相成った。
おかげで道路の雪もずい分融けた(帰宅時にはツルツル路面だが)。

その暖気で丸山公園の池の面積はさらに増えた。
e0062415_20143835.jpg

池にいたオオハクチョウも8羽と今季最多の数。

下の写真、とりあえずメモ代わりに撮ったものだが、役場に戻って見ていたら手前の個体に足輪がついていることに気がついた。
e0062415_2015856.jpg


↓拡大すると・・・
e0062415_20152974.jpg

残念ながら番号は見えなかったが、さてさてどこからやって来たのだろうか。

それと、今日は分館の見回りへ行ってきた。
冬季休館のため除雪をしていないため、今時期はスノーシューで行ったりするのだが、今年は雪が少ないため、長靴だけでもなんとか行ける状態であった。
e0062415_20154223.jpg

e0062415_2016995.jpg

館内外をひと回り。
特に問題はないようだ。
最近はエゾシカとエゾリスしか訪れていないことがよく分った。

そういえば、
先日、このブログを読んでくださっていた道外の方が、出張ついでにわざわざ当館まで足を運んでいただいた、というありがたい話しを管理人さんから聞いた。
その際に、「分館にも行ってみたい」という話しがあったそうだが、さすがに管理人さんも今時期はオススメはできなかったのだという。
e0062415_20162869.jpg

そうなんです、なにしろ現状が↑コレですから(^_^;)
次回は雪のない時期に是非いらしてください。
開館日は土日祝日ですが、平日でもできる限り対応いたします。

それと、啓蟄にはまだ早いが、この暖気で久しぶりに生きている虫を見た。
e0062415_20164419.jpg


More
[PR]
by nakakyou_blog | 2008-01-29 20:16 | Comments(0)
1月28日(月):合同会

本日は寒さが緩み、最低気温-7.2℃、最高気温が-0.9℃。
真冬日ではあるものの、いつもよりは相当に暖かく感じた。

今日の午後からは、郷土資料収蔵庫の1室にて、「中標津の植物を知ろう会」と「中標津の自然を知ろう会」の合同会。

皆さん久しぶりということもあってか、合わせて23名の出席であった。
さすがに部屋はいっぱいイッパイで申し訳なかったが、皆さん楽しみにしていてくれたのか、出席率がとても高いのであった。

本日の内容は、世話人Aさんのお話し、自然を知ろう会々員のAさんによる「山で出会った花たち」のスライドと、もう一人の会員Aさんによる「冬鳥のお話し」。
※本当にみんなAさんなのだ(^_^;)
講師、というわけではないが、それぞれ持っている得意技によって会員同士が相互に高められるってのはよいなあ。
e0062415_1734720.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2008-01-28 17:34 | Comments(0)
1月27日(日):そこそこの日和

午前3時で-18.0℃であったが、朝方は-10℃ほどで、日中は-5℃ほど。
まあまあ晴れ間も出て良い日和であった、と思う。

休日であるが、
やることが山積みのため、自宅にてPCに向かうのであった。

写真は、先週仕事で訪れたお宅にあったサイロ。
e0062415_17164032.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2008-01-27 17:16 | Comments(0)
1月26日(土):寒さ復活

低気圧は遠ざかり、昨日の夕方から引き続いての晴れ。
ただし、その分気温が下がって最低気温は-13.9℃。
最高気温も-7.7℃までしか上がらない上に、少々風付きでなかなか寒く感じた一日であった。

今日、たまたま冬まつり会場横を通ったら、運ばれてきた雪が積み上げてあるのが見えた。
本当にタイムリミットギリギリのところだったが、なんとかなってなにより。

フワフワ雪が降ったあと、なにか動物の足跡でもないかと数箇所のポイントを見にいったが・・・、特に収穫はなし。

冬季間お休み中の分館への足跡を残していたのはエゾシカ。
e0062415_16502723.jpg

e0062415_1650373.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2008-01-26 16:50 | Comments(0)
1月25日(金):除雪から始まった一日

昨晩から続いた荒天は雪、というより風が強く、今日の15時過ぎまで続いた。
しかし、雪の量は10数㎝程度。

↓このくらいです。
e0062415_19524844.jpg

朝方の気温は-3℃くらいであったが、青空が顔を出してきた15時過ぎから気温が下がりはじめ、19時現在で-10.3℃である。

今日は、殖民軌道関係のスライド作成、収蔵庫と郷土館へ用足し、2月の講義の資料作成、「郷土館だより」の発送、そして2回目となるタンチョウの一斉調査である。

実は、よんどころない事情により、今回から自分の調査場所が俣落地区から俵橋地区へ変更となったのだが、件の調査地点に行ってみると、予想通り今回の雪により車を置く場所がなくなってしまっていた。

やむなく少し離れた場所に車を停めて歩いて移動したわけだが、何しろ寒い。
場所的に、ちょうど山からの風が真っ直ぐ吹き降ろしてくるので、風下に向う場合はともかく、風上へ向って歩くのは大変なのである。
なにしろ足元がツルツル。
それに、スピードを出してくる車もあるので気が抜けない。
ツルツル路面に立っていたら、風に押されて“ツツツーッ”と動いてしまうほどだ。

しかしてその結果、

タンチョウの姿はなく、カワアイサのオスが1羽いただけであった orzガックシ

役場に戻って気温を見ると、-6.6℃。
風速は4mとのこと。
しかし調査地点での風は少なくとも6m以上は吹いていたので、多分体感気温は-12℃以下だったと思う。
風と共に飛んでくる雪が顔に当たって痛かったなあ。

↓調査地点
e0062415_19531079.jpg


話しは変わって、
昨日の暖気によって丸山公園の池が緩んだようで、水面が若干増えていた。
そこには、
午前→マガモ3羽(オス1、メス2)、オオハクチョウ3羽。
午後→カワアイサ(メス1)、オオハクチョウ6羽
が羽を休めていた。

写真はカワアイサのメス。
e0062415_19532931.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2008-01-25 19:54 | Comments(0)
1月24日(木):期待はずれ?

本日朝から雪。

今日は道内あちこちで“相当に荒れる”予報で、実際にニュースなどでも情報が流れていた。
当地でも30㎝以上の雪を覚悟しなければならない、とのことであった。

が・・・、騒いだ割には“少々強めの雪”程度で終わってしまったような感が・・・(^_^;)
(いやいや、明日の朝までに大変なことになっているかもしれないし、明日の午前中だって気はぬけないとのこと)
ただ、ココロの準備はできていたのだが、なんだか肩すかしを喰らった気分である。
まあしかし、除雪もサラサラ雪で楽だったし、このくらい降れば冬まつりの雪像用の雪は足りるだろう(多分)。
けっこうちょうど良いくらいの量だったのかもしれない。

気温としては、雪が降っていたので最低気温は高め、というか、午前零時が-13.2℃と最低で、午前11時までジリジリと上昇を続けて-1.4℃が最高気温。
むしろ普段よりも暖かいのだ。

今日は、郷土資料の作成、調べ物のための調べものの後に資料作成、文化財関係の会議の準備と資料作成、そして刷り上ってきた「郷土館だより」の発送準備などをする。

なお、天候の影響で今晩入っていた講義は中止と相成る。
延期になるかどうかも今のところは未定。
けっこう頑張って作ったのだが、まあいずれ使う時が来るだろう。

本日もシャッターを押すことはなく、画像は町のライブカメラの映像です。

↓11:10
e0062415_21242715.jpg


↓16:20
e0062415_21251141.jpg


一日中こんな天気でした。
[PR]
by nakakyou_blog | 2008-01-24 21:25 | Comments(0)
1月23日(水):雪が来る、らしい

今日は少々暖かいと思ったら、最低-15.3℃、最高-1.8℃であった。
明朝から荒れはじめるそうだが、確かに天気図は凄いことになっている。
↓24日9時の予想天気図
e0062415_1733447.gif

↓25日9時の予想天気図
e0062415_17335663.gif

(tenki.jpより)

今日は、事務仕事がメインであったので、さして書くこともないのだが、
午前中に外勤した際、役場の第2駐車場から丸山公園に向かって、エゾシカが道路を渡ろうとまごついているところに出くわす。

自分も運転中だったのでさすがに写真は撮れなかったが、まあ毎年のように見かける光景ではある。
同様の状態で、一番数が多かったのはざっと見て60頭くらいの群れであったが、今回は5頭と小規模。
ツノから見て2~3歳と思われるオスがリーダーのようだったが、車窓からは左のツノが折れているのが見て取れた。
ハゲシイ争いでもあったのだろうか。

緑ヶ丘森林公園から丸山公園を横切って標津川に行き、川沿いに移動するのが彼らのいつものコースなのである。

写真は2006年の2月に撮影したもの。
e0062415_17344095.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2008-01-23 17:34 | Comments(0)
1月22日(火):先生の先生?

本日も晴れ。
最低気温-17.1℃、最高気温は-3.1℃であった。
暦では昨日が大寒であったが、北海道ではむしろ立春あたりが一番寒い。
そして、春分あたりでドカ雪(彼岸荒れ)が来るのである。

が、それはともかく、どうもそろそろ天気が崩れてくるらしい。
冬まつりの担当者に話しを聞くと、今回の雪の量で冬まつりの中雪像ができるかどうかの瀬戸際らしい。
果たしてどうなるか。

今日の午前中は、数日後に控えている講義の準備(どういうわけか不具合が出るおかげで、なんだか毎日いじっているなあ・・・)、来年度予算に関する資料作成、来週合同開予定の「植物を知ろう会」「自然を知ろう会」の準備、調べもののための調べもの、など。

午後からは、2月23、24日に控えている、中標津において初めての試である体験観光ガイド認定試験の専門委員会に出席。
委員は講師として講義をおこない、試験問題の作成もするわけだが、自分は試験問題全体の調整役もすることとなった。
会議終了後は、会議で決まったことについてあれこれ処理のほか、郷土館の管理人さんにお願いしていた特別展用の写真準備、郷土館のいきもの掲示板に使う写真の処理などを確認し最終調整、その他色々事務処理等々。

そんなわけで、今日は写真も撮っていないため在庫から。
ハシブトガラ
e0062415_2047211.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2008-01-22 20:39 | Comments(0)