中標津町郷土館ブログ 学芸員日誌【書庫】
nakakyou.exblog.jp
このブログ内における広告は、運営会社により掲載されているもので当館が推奨するものではありません。ご了承ください。
コンテンツ
カテゴリ
以前の記事
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2009年11月30日(月):さらば霜月

晴れ。
最低気温は空港の-8.8℃、最高気温も空港で7℃。
どうりで風が痛くないわけだ。

とはいえ、
丸山公園の池は凍りつつあります。
e0062415_17262429.jpg


↓ノキシノブもチリチリパーマ状態の越冬体制になっている
e0062415_1727457.jpg


↓今日はうまいこと撮れたキバシリ
e0062415_17271393.jpg


今日は、2つのHPを更新、知ろう会事務、特別展関係のことあれこれ、来年度予算関係のこと少々、「郷土館だより」の作成続き、行政事務など。

話は違うが、
しばらく鳴りを潜めていた迷惑メールがまたまた復活してきた。
この土日で約50通。
うっとおしいなあ・・・(-_-#)ムー
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-11-30 17:28 | Comments(0)
2009年11月29日(日):教育フォーラム

朝から素晴らしい青空。
最低気温は空港で-11.7℃。
今季最低の上、ここ10年未満における観測史上最低気温なのだそうだ。
そういえば、日中に丸山公園に寄った際、池の一部に氷が張っていたものなあ(*_*)ナットク
最高気温は中標津と空港で2.5℃。
日差しが力強かったので、数値よりも暖かく感じだった。

今日の午前中は、中標津小学校にて開催された、中標津町教育フォーラムのお手伝い。
釧路新聞の記事
e0062415_1644323.jpg

e0062415_16444316.jpg


下の写真は、昨日丸山公園で撮ったもの。
e0062415_16553486.jpg

e0062415_16555674.jpg

なんてことはない、橋と水門である。

が、実は通常は撮影が不可能な場所からの撮影なのである。
というのも、ミドリ川から運ばれた砂が水門付近に堆積したため、池の中に歩ける場所ができたからだ。
e0062415_1656819.jpg

e0062415_1654532.jpg

「埋まるかも!?」と恐る恐る歩いてみたが、けっこう大丈夫なのであった。
毎年浚渫しているのだが、今年は特に流れ込んだ量が多かったのだろうか。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-11-29 16:58 | Comments(2)
2009年11月28日(土):ホオジロガモを見る時期

朝方晴れていたのだが、その後は断続的に雪がチラつく。
最低気温は上標津の-1.2℃、最高気温は空港の3.4℃。
3~5mの風があったので、朝から気温はほとんど上がらなかった感じ。

郷土館にて少々用足し後、丸山公園を歩いてみた。
すると、
アカゲラが木を突っついていた。
e0062415_16226100.jpg

e0062415_16193669.jpg


池にはコガモの他、移動中に丸山公園へ立ち寄ったのであろうホオジロガモのペアもいた。
e0062415_16221845.jpg

相変わらず全然近寄らせてくれないのだよなあ。
すぐ飛んで逃げてしまうのだが、偶然1枚だけ飛翔しているところの写真が撮れた (≧▽≦)ラッキー
e0062415_16224874.jpg

にしても、いや寒い寒い。
軽装だったのも悪かったが、風が顔に突き刺さるような感じ。
太陽が出ていたのがせめてもの救いであったが、公園を2周まわる頃には顔も手もこわばってしまった。

e0062415_16232370.jpg

コイもまだ変わりなく泳いでいた。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-11-28 16:24 | Comments(0)
2009年11月27日(金):座りっぱなし

朝起きてみると、サラッと降雪あり。
e0062415_17332175.jpg

気温が高めであったので、湿った雪だった。
e0062415_17333581.jpg

本日は曇りのち雨。
最低気温は上標津の-2.1℃、最高気温は空港と中標津で2.9℃と上がらないまま。
そんな空模様でもあったし、昨日たまたま歴史系現地調査にひと区切りがついたので、今日は終日事務仕事。

というわけで、
今日は上の2枚の写真しか撮っていないため在庫から。

下の写真は、昨日歴史系現地調査での移動中、通りがかった埋蔵文化財包蔵地の現況調査をおこなった際に撮影したもの。

↓擦文時代の竪穴住居跡
e0062415_17335097.jpg

現地で見るとはかなり凹んでいるのだが、葉が落ちたとはいえやはり写真では伝わりにくい。
人間の目は偉大だなあ、と思いつつ、今回も住居跡の輪郭に黄色い線を引いてみた。
e0062415_1734211.jpg

これで1辺がおよそ5mで、深さが1m少々だろうか。

遺跡はカラマツ林にある。
長靴を履いていなかったので、落ちた葉が靴の中に入らないように気をつけつつ歩いたのだが、調査が終わってから靴の中を見てみると・・・(@_@)スゴカッタ!
なぜ気をつけているのにあんなに入るのか、さらになぜ靴下をつんざいてまで・・・、と謎は尽きない。

今日は、来年度予算にかかる資料作成や図面作成の他、歴史系問い合わせ3件対応、行政事務など。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-11-27 17:34 | Comments(0)
2009年11月26日(木):今度は当幌でタンチョウ

朝方曇ってその後晴れ、とはいえうっすらと雲に覆われてしまった。
最低気温は空港の-1.9℃、最高気温は3.6℃と気温は予報どおり上がらずじまい。
予報では、今晩から明日朝まで雪マークが出ていたなあ。

写真は、午前中の外勤時に撮ったもの。

当幌に程近い場所にいたタンチョウ(午前10時35分頃)
e0062415_19134253.jpg

e0062415_19135488.jpg

そんなに旨そうなものがあるようには見えないのだが、牧草地でなにかを食べていた。
そういえば、今年もタンチョウ一斉調査が近づいてきたなあ。

それと、
計根別市街に残っている標津線跡。
e0062415_1916546.jpg

ここは分かりやすく、しかも状態がよい。
初めて見たのだが、ちょっと感動。

こちらは、同じく計根別地区に残る殖民軌道養老牛線跡。
e0062415_19173652.jpg

良好に残っているところは一部だけだ。

今日は、歴史系現地調査と整理やまとめ作成、行政事務、図面作成、団体見学の対応など。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-11-26 19:22 | 殖民軌道 | Comments(0)
2009年11月25日(水):今日も小春日和

本日もなかなかの晴天。
最低気温は空港の-6.4℃、最高気温は中標津での9.9℃。

写真はキハダの切り口。
e0062415_1728475.jpg

e0062415_1728334.jpg

その名のとおりコルク質の樹皮の1枚下は鮮やかな黄色。
この部分は生薬の黄檗(おうばく)としても知られ、染料にも使われたりする。
そして、この木の葉は、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハの食草でもある。

それと、
下の3枚の写真は、以前史料室にて発掘したもの。
おそらく昭和52年の当時で“古い建物”ということで撮ったものだと思うのだが、キャプションがないため詳細は不明。
もし、これらについて知っている方がいましたら、ご教示いただけると助かります。

↓昭和52年11月19日撮影
e0062415_17302015.jpg


↓昭和52年11月24日撮影
e0062415_17303526.jpg


↓昭和52年11月24日撮影(開陽地区)
e0062415_17305227.jpg


今日は、事務仕事に一区切りつけた後、歴史系郷土調査のため町内のあちこちへ外勤、郷土館にて作業、エゾリンドウ保護増殖事業の報告書作成、郷土調査の整理、行政事務など。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-11-25 17:35 | Comments(3)
2009年11月24日(火):小春日和
朝から晴天。
出勤時は霜で真白の世界だった。
最低気温は空港の-6.2℃、最高気温も同所で9.9℃。
惜しい!、もう少しで2桁気温。
風が温かく、小春日和であった。

写真はコガモ(オス)。
e0062415_1750086.jpg

ここしばらく丸山公園の池に数羽が居ついているようだ。
そういえば、今日はマガモの姿が見えなかったなあ。

それと、
以前上標津の学校跡に行った際に見つけたもの。
e0062415_17502434.jpg

校門の一部だろうか。
校舎の裏にある林の際にあった。
e0062415_17512038.jpg

おそらく、学校があった証として残されたものなのだろう。
e0062415_17522622.jpg

学校の「学」の部分が特徴的である。

今日は、特別展にかかる準備と展示の微調整、写真整理、定期監査、分館外部の整備作業でスコップをふるい、その後収蔵庫にて作業、行政事務ほか。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-11-24 17:52 | 学校関係 | Comments(2)
2009年11月23日(月):馬頭観音関係3発目

連休最終日は朝から曇り。
であったが、なんだかコロコロ変わる空模様。
最低気温は空港での-8.3℃、最高気温は中標津の8.6℃。
気温が高いので、雨がそんなに冷たく感じなかったなあ。

写真は、殖民軌道跡(昭和2年開通部分)。
e0062415_1771489.jpg


そして、標津線跡(昭和12年開通部分)。
e0062415_178454.jpg


↓場所はコチラ(№1が軌道跡で、№2が標津線跡)
e0062415_1783876.jpg

連休中もあれこれ郷土調査の写真撮りで町内を走りまわっておりました。
これは趣味なのか仕事なのか???
もはや判別不能になっております(^_^;)モ、ドッチデモイイヤ

昨日は“木像”、一昨日は“石碑”と、馬頭観音関係の写真を掲載したが、今日は石像をご紹介。
↓開陽地区にある相馬妙見神社にある馬頭観音石像(写真左側の小屋)。
e0062415_1718487.jpg

e0062415_17182498.jpg

e0062415_1718454.jpg

粗いつくりだが、右手に斧、左手には刀らしきものを持っているようだ。
※白い部分は石膏で修復されていた部分
裏を拝見させていただいたが、何も書かれておらず詳細不明。
とはいえ、かなり古そうである。
町内での馬頭観音“石像”では唯一かもしれない。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-11-23 16:50 | 馬頭観音 | Comments(2)
2009年11月22日(日):晴天の連休中日

朝から晴れ。
最低気温は上標津の-6℃、最高気温は空港の4℃。

写真は、俣落地区から見えた斜里岳。
e0062415_1833070.jpg

中標津から見える知床連山(海別岳、遠音別岳、羅臼岳など)はすでに雪で真っ白であった。

ただ、町内の山はまだこんな感じ(サマッケヌプリ)。
e0062415_18341363.jpg

まあ、いつ山々が真っ白になってもおかしくない状態ではある。

昨日、町内の馬頭観世音石碑について取り上げたが、今日は木製の馬頭観音“像”をご紹介。

↓郷土館所蔵の馬頭観音像(魂抜き済)
e0062415_18372360.jpg

e0062415_18374177.jpg


年代的に昨日紹介した石碑よりも古いわけだが、すごいのはこの像の同一作者によって作られたさらに古いものがいまだ現役である、ということ。
多分、木製の馬頭観音像では町内最古のものになるだろう。


↓南宮神社(東養老牛)にある馬頭観音像
e0062415_19332148.jpg

e0062415_1933321.jpg


なお、どちらも上野佐代吉さん作図、宇野庄三郎さん製作で、この像が第1作であるとのこと。
それと、どちらもヤチダモの大木から作られたのだという。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-11-22 19:35 | 馬頭観音 | Comments(7)
2009年11月21日(土):チラチラ雪

朝から曇ってチラチラと雪。
その後青空が出るもチラチラと雪。
最低気温、最高気温とも空港で、-6℃の2.7℃。
積もりはしなかったが、寒かったなあ。

本日は写真のみ。

町内の馬頭観世音の石碑3つをご紹介。
↓上武佐
e0062415_16474393.jpg

e0062415_16534593.jpg

上武佐地区では、この石碑左手に上武佐神社があり、右斜め後ろにはハリストス正教会、というように宗教施設がかたまっている。
初めて見たときは面食らったが、むしろ合理的なのかもしれない。

↓中央武佐
e0062415_16493687.jpg

e0062415_16495167.jpg

武佐岳からの吹き降ろしてくる風が冷たいのなんのって(>_<)サムー!

↓養老牛
e0062415_16591923.jpg

e0062415_16593289.jpg

馬頭観世音(石)碑は他にもいくつかあるが、数的に少ないし、情報自体が少ない。
この養老牛のものは自分が知っている中では町内最古のものであるが、もし、もっと古いものを知っている方がいましたら教えてください。
[PR]
by nakakyou_blog | 2009-11-21 17:04 | 馬頭観音 | Comments(0)