中標津町郷土館ブログ 学芸員日誌【書庫】
nakakyou.exblog.jp
このブログ内における広告は、運営会社により掲載されているもので当館が推奨するものではありません。ご了承ください。
コンテンツ
カテゴリ
以前の記事
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
<   2010年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2010年7月31日(土):釧路で鉄道と北斎

朝方曇っていたものの、その後なんとなく回復。
だが、そんな地味な天候にも関わらず、気温はグイグイと上がった。
最低気温は上標津の17℃、最高気温は中標津の28.6℃。

今日は、先だって“鉄分の濃い方”からお誘いをいただいていた、「釧路運輸車両所の一般公開」を見学するため釧路市へ。
e0062415_1839225.jpg

e0062415_18405959.jpg

e0062415_18411071.jpg

e0062415_18412090.jpg

e0062415_18414423.jpg

e0062415_19343914.jpg

e0062415_19345287.jpg

e0062415_1935422.jpg

普段は見ることのできないものをあれこれ見ることができ、とても興味深かった。
忙しそうだったので声をかけなかったけれど、Sさん感謝です^^/

その後、
釧路市立美術館へ行き、「北斎の富士」を見る。
e0062415_1919357.jpg

内容は当然ながら、その点数もタップリ。
いやはや見ごたえありましたよ。
それと、展示に関するヒントを2ついただけたのは収穫であった。
[PR]
by nakakyou_blog | 2010-07-31 19:22 | Comments(2)
2010年7月30日(金):今度は開陽にクマ!、そして“そうそう見られない風景”

昨夜からの雨は朝までにはやみ、青空が垣間見えたものの、すぐに曇ってしまって一日中そのまま。
最低気温は上標津の16.7℃、最高気温は空港の22.1℃。
過ごしやすい気温であるが、相変わらず空気はネットリ。
来週からは8月かー。

まずはクマ情報。
7月30日(金) PM17:00頃、開陽地区:1頭
e0062415_17423724.jpg

詳細は調査中です。

さて、
今日は、内勤が主だったのでシャッターは押さずじまい。

なので、
昨日、作業の休憩時間に撮った、市街地の「中央橋」を“川の中”から撮ったもの。
↓これが中央橋
e0062415_17313025.jpg


↓川に降りてみて下流方向を撮ったもの
e0062415_17121988.jpg


降りてすぐに右手上を見上げると、
↓昨日治療にあたった斜めのハルニレがある
e0062415_1712321.jpg


↓裏側はこんなコブがあるのだなあ
e0062415_1713574.jpg


↓橋の下にちょっと入ってから上流方面へ向けて
e0062415_1714418.jpg

管は水道管だろうか

↓同じく橋の下から(もう少し下流側から)上流方面を
e0062415_17144771.jpg

あっさりとした構造であった。
どこか隙間を探せばコウモリでもいるかもしれない。

↓下流方面へ向けて
e0062415_1715246.jpg

そうそう見られない風景だが、別に見たいわけでもない風景、かな(笑)
[PR]
by nakakyou_blog | 2010-07-30 18:23 | クマ情報 | Comments(2)
2010年7月29日(木):外科治療とリーダー研修

今日は、霧雨~曇りを行ったり来たりという空模様で、少々風付き。
最低気温は上標津の17℃、最高気温は中標津の23.8℃。
「最も暑い時期を上回る」ことになるのだが、最近は暑いため全然そう思わないのだ。
それにしても蒸すなあ、今年は。

今日の午前中は、樹木医の先生と、タワラマップ川を考える会のみなさんで樹木の治療にあたる。
e0062415_18471515.jpg

これは市街地の真ん中を流れているタワラマップ川沿いにあるハルニレで、樹齢を重ねていることと、斜めという状態のため、市街地ではかなり知られている木。
しかし平成8年5月10日、時期はずれのベタ雪により主幹がボッキリ折れてしまったため、その後は脇から出ていた枝が主幹となり現在に至っているわけだが、13年という永い月日の経過により、以前の主幹の内部はほとんど分解され、すっかり空洞になってしまったのだ。
しかもかろうじて残っている部分はすでにブヨブヨ。
ちょっと手をかければ崩れてしまうような状態であった。
そこで、まず腐ったところを取り去り(後で使うが)、
e0062415_1965428.jpg

保護財を塗布し、
e0062415_18541180.jpg

発根を促すため、ピートモスを主な材料とした泥団子で充填し、「あ、土がある!、根を出そう!」と木に勘違いをさせるためである。
e0062415_1912684.jpg

e0062415_1933140.jpg

そして、泥団子を練る際のつなぎが「タワラマップ川の水」で、充填材にこの木のすでに土化した木屑も使えた、ということがこの作業をより意義深いものにしてくれたのではなかろうか。

びっちり充填された様子。
e0062415_1951161.jpg

たくさん人がいるのではかどるはかどる。

そのほかにも穴を埋めたり、枝打ちをしたりして、
e0062415_1985894.jpg

ここで午前中の部は終了。
とりあえずお手伝いを一旦中断し、午後からは事務所にて資料貸し出しや事務処理など。

そして、14時からは、
子ども会リーダー研修会にて、火起こし体験の指導と、
e0062415_1995389.jpg

昔懐かしいせんべい焼きによる澱粉煎餅づくり。
e0062415_19101945.jpg

e0062415_1926304.jpg

まずまずうまくいったかな?

その後は、樹木の治療のお手伝いへとって返す。
着いてみると、すでに充填が終了し、取っておいていた大きな木質部を表面に使い、周囲をモルタル様の保護材で固め終わったところであった。
e0062415_1913504.jpg

防腐剤は黄色で毒々しいが、数ヶ月で色が落ちるとのこと。
そして、さらに保護のため麻紐を編んだものを巻き(包帯みたいだ)、
e0062415_1915325.jpg

e0062415_19151922.jpg

およそ8時間の作業により終了となった。
e0062415_19154465.jpg

とりあえず1年間はこのままとなります。

でもって、
終了後は事務所に戻って、寄贈資料の受け入れや事務処理
[PR]
by nakakyou_blog | 2010-07-29 19:11 | Comments(0)
2010年7月28日(水):アヅゥイ・・・

朝から青空。
e0062415_1624458.jpg

雲がモクモクと盛り上がってきていた。

予報では「午後から雨」とのことだったので、「外仕事は午前中のうちに」と焦って終わらせたのだが、実際にはうす曇りが広がっただけで済んだ。
最低気温は上標津の19.5℃、空港の29.8℃と“、ほぼ”真夏日。
特に車の中などは熱くて堪らんのだ。

昨日、市街地で捕獲されたセイヨウオオマルハナバチを紹介したが、今日は郷土館のすぐそばでもワーカーを確認した。
e0062415_16251638.jpg

e0062415_1625333.jpg

公園内で見るのは久しぶりである。
今時期はジャガイモの花に寄って来ているのでは、と気になるが、畑には立ち入れないし、それよりも作付面積が広大だしなあ・・・。

写真は今時期見られる花たち
↓ゲンノショウコ
e0062415_16254711.jpg


↓アカバナ
e0062415_1626051.jpg


↓ヘラオモダカ
e0062415_1626153.jpg


↓ミツバ
e0062415_16262783.jpg


↓クルマユリ
e0062415_16264082.jpg


夜は、自然関係と教育関係の会議のダブルヘッダー。
[PR]
by nakakyou_blog | 2010-07-28 18:23 | Comments(3)
2010年7月27日(火):ぼや~んとした暑さ

午前中は曇っていたが、午後からは青空が出て気温も上がった。
ただ、暑いならまだしも今日は蒸し暑かったなあ。
最低気温は上標津の14.1℃、中標津の28.4℃で、「最も暑い時期を上回る」状態。

今日の午前中は、航空写真のスキャンと
↓定例観察会。
e0062415_1820158.jpg

※確認種は下の「2010年7月27日(火)の丸山公園」からどうぞ

その際に見かけたオシドリ一家
e0062415_1821476.jpg


カルガモ
e0062415_18212724.jpg


ノコギリカミキリ
e0062415_18205046.jpg


それと、
セイヨウオオマルハナバチのワーカー(働き蜂)。
e0062415_18223838.jpg

観察会の参加者が、昨日自宅で捕獲したのだという。

午後からは寄贈資料の引き取りと受け入れ作業(まだ連鎖は止まっていないのだ)、自然系報告書作成、写真撮りのため数カ所へ外勤、埋蔵文化財事務、ネガ整理など。

「7月27日の丸山公園」
[PR]
by nakakyou_blog | 2010-07-27 18:02 | Comments(0)
2010年7月26日(月):クマさんの通り道?
今日は朝から元気のよい青空。
「おー、夏が帰ってきたか」と思っていたのだが、その後気がつけば湿度高めの曇り空。
最低気温は中標津の14.8℃、最高気温も同所での24.2℃と、ジミに暑いのであった。

さて、
早速であるが、またしてもクマ情報が入ってきたのでお知らせします。
7月26日(月) PM16:00頃、りんどう町:1頭
e0062415_1531392.jpg

ショカンナイ川の方(北方向)へ移動中に目撃されたとのこと。
先だってもりんどう園から西方向へ100mほど行ったところで、標津川の方へ向かうクマが目撃されているが、同じ個体なのだろうか?

今日の写真はチョウ

ミドリヒョウモン
e0062415_1965442.jpg


↓裏面
e0062415_197749.jpg


コキマダラセセリ
e0062415_1972139.jpg


オオチャバネセセリ
e0062415_19736100.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2010-07-26 19:07 | クマ情報 | Comments(0)
2010年7月25日(日):週末終~了~

なんだかすっきりいない空模様であったが、夕方あたりから陽光が差してきた。
最低気温は上標津の14.3℃、空港の21.3℃。

今日はお休み、であるが、あちこちで仕事関係の用足し。
を、しているうちに、気がついたら日が暮れてしまっていた(-_-)ウーム
ただ、しばらくぶりに夕暮れ時に晴れたので、日が長く感じたなあ。

写真は、あっちこっちで撮ったものから。
↓ホザキシモツケ
e0062415_2016786.jpg


↓ホザキナナカマド
e0062415_20303755.jpg

↓花のアップ
e0062415_20162339.jpg


↓イケマ
e0062415_20163643.jpg


↓エゾノサワアザミ
e0062415_20164687.jpg

左側のチョウはコヒオドシ、右のガはキスジホソマダラ

↓まだ蕾のヒヨドリバナとアオジョウカイ
e0062415_20312492.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2010-07-25 20:31 | Comments(0)
2010年7月24日(土):クテクンの森へ

曇り~ジリ~雨を行ったりきたり。
最低気温は空港と上標津の13.8℃、最高気温は上標津の17.3℃。

そんな中、
今日は「クテクン自遊の森で遊ぼう」という事業の日。
朝、ちょっと微妙な天候ではあったが、「ん~むむむ・・・、やろう!」ということに。

今年は残念ながら滝に行けないので、キャンプサイト周辺での遊びが中心。
まあオショロコマがそれなりに釣れたようでなによりであった。
e0062415_17273029.jpg


さて、そろそろ食事の準備を、と思ったら、雨がザーっと来る。
というわけで、急遽設営した食事会場が下の写真。
e0062415_17274482.jpg

十数年もキャンプ事業をやっていると、皆何の打ち合わせもなく写真のような雨よけをテキパキと作れてしまうのだ。

終了後、某所からヘビを捕獲したと連絡が入る。
色を聞くと・・・、予想どおりジムグリであった。
e0062415_17401741.jpg

そうそう捕まらないものなので、10月の爬虫類展に向けて確保!

あとはカエル2種と、トカゲ2種だ。
が、カエルはともかく、トカゲのコンプリートはキツイなあ。
などと書いておくと、どこからかまた連絡が入るかもしれないのでそれに期待しよう(^_^;)

~ ~ 追 記 ~ ~
22時半頃、怪我を負ったシマフクロウがいる、との通報を受ける。
農林課の林務係長とともに保護へ向かい、なんとか確保。
次にその個体をしかるべきところに引き渡すべく、急遽中茶安別まで深夜のドライブと相成る。
帰宅すると・・・、日付が変わっておりました。
[PR]
by nakakyou_blog | 2010-07-24 17:43 | Comments(0)
2010年7月23日(金):そういえばお初の上映会

午前中は青空も出てなかなかよい天気であったが、昼過ぎから予報どおり下り坂となり、夕方には雨となってしまった。
最低気温は上標津の16.1℃、午前中に頑張ったお陰(?)で最高気温も同所での27.5℃と夏日だった。

今日は、午前中にエゾリンドウ実験地の写真撮り、埋蔵文化財関係事務、丸山公園を一周して「いきもの掲示板」の更新(詳しくは下の「7月23日の丸山公園」からどうぞ)。

写真は、丸山公園で見たもの。
池の様子
e0062415_19353110.jpg


ミヤマタニタデ
e0062415_19334468.jpg

当町では山の方に行かないと見られない、と思っていたが、数年前に丸山公園で発見した。
見つけたときは「なんでアンタここにいるの?」と少々呆然とした。

ヒメザゼンソウ
e0062415_19414429.jpg

今年は種の入っているパイナップル様のものが2つも成熟するために咲かないのか?、と思っていたのだが、今日ようやく1つだけ出ている仏炎苞を見つけた。
なんとなくホッとする。


午後からは、伝成館にて“懐かし動画上映会”。
e0062415_19183164.jpg

といえば格好いいが、まあ要するに「これまでに発掘した当町の古い動画を上映し、懐がっていただきつつ色々とご教示いただく」という内容です。

「7月23日の丸山公園」
[PR]
by nakakyou_blog | 2010-07-23 19:41 | Comments(0)
2010年7月22日(木):蝦夷梅雨再び?
今日も朝から白い空の色で、ジリ~霧雨~雨であった。
最低気温は上標津の12.9℃、最高気温は中標津の17.1℃。

さて、
早速であるが、ここのところやたら出ているクマ情報です。
1.7月21日(水) AM8:50頃、武佐地区:1頭
e0062415_1532920.jpg


2.7月22日(木) AM9:00頃、開陽地区:1頭
e0062415_15321852.jpg

 ※1と2の関連性は不明
 ※どちらもクリックすると見やすくなります
それにしても今年は本当によく出るなあ。
こんな年は初めてだ。
※でも、(自分は)まだ町内ではクマを見たことがないのだ

さて、
実はここのところ切れ目のなく資料の寄贈が続いているので、その処理に追われております。
以前にも書いたネタであるのだが、しかしなぜに毎度毎度見計らったかのように「わんこそば」状態となるのだろうか。
ううむ、不思議だ。
これは・・・、当館だけ???。

そんなことがあり、
天気も悪かったので、今日もシャッターを押しておりません。
なので、写真は在庫から。
ヤツボシハナカミキリ
e0062415_17363615.jpg

超普通種とはいえ、今年はずいぶん見るなあ。

クロハナノミ
e0062415_17365648.jpg

地味~な印象のムシです。

イモムシの糸を伝って獲物にありついたカメムシの幼虫
e0062415_17372367.jpg

これじゃあ幼虫は糸を切るしか逃げる術はないよなあ^^;
すっかり体液を吸われてカラカラになっていた(-人-)ナムー
[PR]
by nakakyou_blog | 2010-07-22 17:38 | クマ情報 | Comments(2)