「ほっ」と。キャンペーン
中標津町郷土館ブログ 学芸員日誌【書庫】
nakakyou.exblog.jp
このブログ内における広告は、運営会社により掲載されているもので当館が推奨するものではありません。ご了承ください。
コンテンツ
カテゴリ
以前の記事
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2011年2月28日(月):駆け抜けた2月


今日はズーっとよい天気。
最低気温は空港の-14.2℃、最高気温は中標津の-3.2℃と「2月上旬並」。
太陽は頑張っていたが、気温はさほど上がらずじまい。

今日は写真を撮ることがなかったので、収集資料から。

「根室国 標津郡上標津 野付郡上春別 殖民地区画図」(昭和18年5月24日印刷)
e0062415_17515234.jpg


その中の、
↓計根別市街部分
e0062415_17524994.jpg

すでに計根別は市街を形成していたのだが、この地図を見るとなんだか人跡未踏のようだ。
時代は戦争の真っ只中で、陸軍計根別飛行場が建設中の頃である。

↓ほぼ同位置からの航空写真がこちら(by Google)
e0062415_1753538.jpg

※いずれもクリックすると大きくなります
[PR]
by nakakyou_blog | 2011-02-28 18:01 | Comments(14)
2011年2月27日(日):特別展撤収


午前中は曇りであったが、午後からは晴れとなった。
最低気温は空港の-15.3℃、最高気温は中標津の-1.8℃と「2月下旬並」。

さて、ここでお知らせです。
12月から郷土館で開催していた、
特別展「中標津町の今昔写真 第三弾」が本日をもって終了
いたしました。
たくさんのご来館ありがとうございます。

なお、
3月8~16日には町総合文化会館でも開催
しますので、こちらもよろしくお願いいたします。

写真は丸山公園の池に1羽だけいたオオハクチョウ。
e0062415_18245339.jpg

小さく丸い氷の輪の中にいるのだが、どうも出られない上に仲間もいないようす。
どうりで寂しげに「コーコー」鳴いていると思った。
しかし、どうやってそこに入った???

「ちょっと、なんとかしてよ」
e0062415_1825678.jpg

という目で見られても、こちらとしては何ともできない。

しばらくすると意を決したのか、氷の上に体重を乗せて割って、を繰り返し、なんとか広い水面まで脱出に成功。
今度は誇らしげに「コーコー」鳴いていた。
おお、頑張ったがんばった。

標津川の様子を見にいってみると、最近よく見るホオジロガモの群れとカワアイサ数羽がいた。
それと、時間的にちょうど太陽が標津川に写り込む時間帯であった。
e0062415_18255092.jpg

ただ、残念ながら日没前には雲に阻まれ、キレイな夕日とはならなかった。
[PR]
by nakakyou_blog | 2011-02-27 18:26 | Comments(0)
2011年2月26日(土):奨励賞受賞おめでとう!


今日も晴れたり雪が降ったり。
最低気温は空港の-9.7℃、最高気温は中標津の-3.4℃で「最も寒い時期を下回る」であった。
まあ、まだまだ寒いのが普通で、昨日一昨日が異常に暖かかったのだ。

そうそう、
今朝の北海道新聞の朝刊にこんな記事が。
e0062415_17163159.jpg

e0062415_17164456.jpg

このプロジェクトは、当方と「中標津の自然を知ろう会」で協働で取り組んでいる、『町花エゾリンドウ保護増殖事業』が昨年からバックアップしているものである。
例えば、一緒にやった活動では、
4月22日の打ち合わせにはじまり、
6月 9日 発芽株掘り取り
9月14日 合同自生地調査
10月 7日 移植地への合同移植作業
10月13日 学校への移植作業
などがある。

少し前に内定の話を聞いていたが、このたび紙上にて発表された、というわけである。
いやーそうかそうか、よかったよかった。
・・・しかし、こういった賞があるとは初耳である。
調べてみると、昨年5月に創設されたばかりのものなんですねえ。
いやはや知らなんだ。
[PR]
by nakakyou_blog | 2011-02-26 17:51 | Comments(2)
2011年2月25日(金):ヘンテコ天気


午前中は曇り。
朝からプラス気温で、最高気温だった上標津の+6.9℃は「2月の観測史上最高(10年未満)」で「今年最高」の気温。
※空港でも+5.3℃で「今年最高」であったし、中標津でも+5.8℃
午後から、「雪が降り出したなあ」と思ったら、下の写真のような降り方になって驚く。
e0062415_17254860.jpg

が、長降りはせず、再度青空が顔を出したり、
e0062415_1726735.jpg

またまたチラチラ降ったりする。
↓今日の夕日
e0062415_17261798.jpg


最低気温は朝ではなくて、気温の下がってきた午後からであった(例えば16:00で上標津の-0.9℃)。
ウーム、ヘンな天気だ。
空模様のことだけでこんなに書いてしまったぞ。

さて、今日撮った数枚の写真。
↓緑ヶ丘森林公園にいたエゾシカ
e0062415_17275022.jpg

e0062415_1728151.jpg

10数頭がちらばって食事中であった。

丸山公園では、水面の広がった池に、マガモ、コガモ、カワアイサ、ホオジロガモがおり、
e0062415_17281239.jpg

e0062415_17304493.jpg

他にもヒヨドリ、ツグミ、ハクセキレイ(役場ではセグロセキレイも)、ハシブトガラ、シジュウカラ、シマエナガ、ゴジュウカラ、アカゲラ、コゲラ、シメ、ハシブトガラスなどがいた。
賑やかになってきたなあ。
いいぞいいぞ。

それと、
公園内で(小さめであるが)カバノアナタケを見つけた。
e0062415_17311497.jpg

※ニョッキリ出ている黒い部分
以前、「これで公園内ではラストだろう」と思っていたものが数年前に採られてしまった。
もしかしたら本当にこれが最後、かも?
[PR]
by nakakyou_blog | 2011-02-25 17:31 | Comments(0)
2011年2月24日(木):いや融けた融けた


曇り、もしくはうす曇りの一日。
最低気温は上標津の-1.7℃、最高気温は中標津の+6.1℃で「今年最高」を記録(空港も+4.9℃で「今年最高」)。
今日はホントに暖かで、役場の駐車場も雪や氷が融けてジャバジャバ。
個人的にはもうこのまま暖かくなってもらって全然構わないのだけど、それも長くは続かず、明後日からはまた冷え込むそうな。

今日の写真は、収集資料の一部をご紹介。
↓『東蝦夷地クスリ場所略図』(慶応元年、大島昌一)〔北海道大学附属図書館北方資料室蔵〕
e0062415_1824543.jpg

江戸時代の幕末も幕末、明治維新の3年前の釧路付近の図である。

↓この図の右上をよく見てみると・・・
e0062415_18243133.jpg

標津川沿いにあった江戸時代の道(旧斜里山道)が描かれている。

↓さらにアップで
e0062415_1825996.jpg

一番上には標津川と支流のケネカ川、次いで当幌川、西別川が描かれている。
現在の地図だと下のようになる。
e0062415_1825244.jpg

※一里塚のあったあたり、すなわち、
 ケネカ(計根別付近)
 チャラシナイ
 ココウトロ(=ウコウトロ:上標津付近) ☆地図ではチラライとあるあたり
 カンウシフト(=カンチウシブト)
 ケンチウシ(=カンチウシ)
 ホンケ子イタ(=ホンケネタイ)
 ケネカワッカネイ(=ケネワッカオイ)
 斜里領ルウチシ(=ルチシ)
 にはそれぞれ赤マルをつけてみた。

※ホンノボリという山の名がある。
 場所や川の状態から推測すると現在の「温泉富士」と考えられる。

現在と対比すると・・・、こういうことになる。
e0062415_18254394.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2011-02-24 18:29 | Comments(0)
2011年2月23日(水):お得感のある丸山公園


午前中曇りで午後から青空となった。
最低気温は中標津と空港の-15.8℃と「最も寒い時期を下回る」で、最高気温は中標津の+2.3℃と「3月下旬並」であった。
朝方はけっこう冷え込んだし、日中も4~7m程の風があったためあまり「暖かいなあ」という感じは受けなかった。

写真は、午前中に行ってきた町内某所の風景。
e0062415_17414928.jpg

e0062415_1742275.jpg

実は天然記念物の調査へ行ったのだが、いやはや一面白くて・・・。
こう見ると、まだまだ冬である。

スキーを履いて往復4km少々歩いたわけだが、見かけた野鳥はアカゲラ1羽と数羽のカラ類、
そしてオジロワシとカラス(300mくらい離れていただろうか)。
e0062415_17421858.jpg

ウーム、丸山公園の方が手軽だし色々見られるよなあ。

で、
その公園の池のようす。
↓2月3日撮影
e0062415_17434185.jpg


↓本日撮影
e0062415_1744985.jpg

水面はちゃくちゃくと広がっているようだ。
上の写真を撮るために少しだけ歩いただけで、マガモ、シメ、ハシブトガラ、シジュウカラ、シマエナガ、アカゲラ、コゲラ、ハシブトガラスを見る。

↓コゲラ
e0062415_17444654.jpg

カラマツを無心に突っついていたが、こちらに気づき「何だ?」という目で見られてしまった。
[PR]
by nakakyou_blog | 2011-02-23 17:44 | Comments(0)
2011年2月22日(火):陽が長くなりましたね


今日も青空。
16時半を過ぎてもやけに西日に力があるなあ、ということで日の入り時間を調べてみると・・・、16時58分とのこと。
おお、いよいよ17時超えも間近ではないか。
どうりで陽が長くなったと感ずるわけだ。
最低気温は空港の-8.8℃、最高気温も空港で+1.4℃。
今日も市街地の雪は相当融けたのではなかろうか。

さて、
よき天気であったが、今日は写真を撮る機会がなかったので、先日収集してきた写真をどうぞ(北海道立文書館蔵)。

表紙
e0062415_206256.jpg


目次
e0062415_2063858.jpg

左から2番目に「殖民地布教所」とある。

↓そのページ
e0062415_2065351.jpg

右の説明文には「殖民地ニ於ケル神社、布教所ノ建設費ニ対シ拓殖費ヲ以テ補助シ住民ノ土着安住精神ヲ涵養ス(中略) 下図は根室国標津村中標津布教所」と書かれている。

↓その布教所をアップで(昭和11年撮影)
e0062415_207822.jpg

※クリックすると大きくなります
町史によると、
昭和4年3月、浄土真宗本願寺派中標津説教所として25線8番地に建設された。初代主管者は深谷憲道であるが、当時の檀家は46戸であった。

25線8番地というと、今の中標津警察署の道路向かいあたりになろうか。

そして、
宗教法人法により、西光寺と寺号を定めたのは昭和25年7月

その後、
西光寺さんは、昭和27年に西4条北1丁目、平成3年に東37条北4丁目へ移転し現在に至っています。
[PR]
by nakakyou_blog | 2011-02-22 20:08 | Comments(0)
2011年2月21日(月):熊部隊まとめ


今日もよい天気。
最低気温は空港の-16.6℃、最高気温は中標津の+1.1℃で「3月中旬並」。
日差しが力強かった(ように感じた、個人的には)。

↓午後イチの丸山公園の池のようす。
e0062415_1731198.jpg


と、すぐ横の木にゴジュウカラがやってきた。
e0062415_17325564.jpg

近くて嬉しいのだが、小鳥はすぐにちょこまか動くので、近距離撮影はけっこう大変なのだ。

お、目が合った。
e0062415_17324483.jpg

けど、ちょっと目付きが悪いような気がするなあ。
こういう写真、3Dで撮れれば面白そうだ。

さて、
先日、武佐岳中腹に駐屯していた熊部隊について問い合わせコメントがあったので、これまでの手持ちの資料とあわせ、郷土史誌を中心に調べた結果、(ちょっとはっきりしない部分もあるが)以下のことが分かったので掲載します。

中標津に駐屯していた熊部隊について
・戦時中、武佐岳中腹に駐屯していたのは、第7師団の第3大隊であった、歩兵第28連隊の熊9207部隊。
※部隊は、第9中隊(尽忠隊)、第10中隊(嶽毛隊)、第11中隊(紅雪隊)の3個中隊から編成(『標茶町史 通史 第2巻』、2002年)
※「熊9207部隊加藤隊武佐岳ニ陣地構築作業ノ為駐屯シ隊長ニ住宅ヲ貸与セリ」(出典不明)
※「28連隊第1大隊金子隊[隊長:金子少佐、本部:標茶]を中心として、藤川隊[隊長:藤川健二大尉]、直田隊[中隊長:直田清治大尉]ら4個中隊600名規模の「熊9207隊」が編成され・・・」(『俣落開基75周年記念誌 またおち川』、1993年)という情報もある

・武佐岳へは築城のため昭和20年6月から駐屯(『標茶町史 通史 第2巻』、2002年)
※それまでは標茶の軍馬補充部にいた

その他、中標津町内に関する情報としては
・上武佐の土田旅館は熊部隊の経理事務所として使われていた(「道東空襲を探る」、1995年、菅原真一『月刊新根室 95年10月号』)
・中標津小学校は一部兵舎として使われた(『中標津町史』、1981年)
・俣落地区には塹壕や坑道陣地が築かれた(『俣落開基75周年記念誌 またおち川』、1993年)
・標津市街の龍雲寺に1小隊が分屯した(『標津町史』、1968年)
・開陽地区にも熊部隊が駐留し陣地構築(『開陽七十年史 輝望』、2002年)
・〔竹内良太郎氏談〕(中標津付近に)クマ部隊という歩兵隊が来ていたが、それは40~45才の年取った人ばかり招集されていた。標茶に大隊があったと思う(『草に埋もれた飛行場』、1975年、なかしべつ町郷土研究会)
・〔鈴木重蔵氏談〕開陽小学校に駐屯していた部隊の小隊は武佐岳陣地構築に携わり演習も行っていた。武佐川支流の上流を利用して炊飯をしていた(出典不明)

肝心の「部隊長名やどの様な編成の部隊が駐屯していたのか」という点については、残念ながら明確に答えられませんでしたが、なにぶん資料が少ないのでご容赦ください。
また新たに何かわかった際には掲載したいと思います。

↓参考サイト
網走海岸の防御陣地
[PR]
by nakakyou_blog | 2011-02-21 17:38 | Comments(15)
2011年2月20日(日):ワシの調査へ


朝方降っていた雪はAM9時頃にはやみ、その後青空となった。
最低気温は空港の-17.5℃、最高気温は中標津の+1.1℃。
久々にガッツリ冷え込んだものの、最高気温や雪の融け具合を見ると、かなり春めいてきているようだ。

今日は、毎年おこなわれている「オオワシ、オジロワシ一斉調査」。
野鳥つながりのAさんと共に担当地区である野付半島へ。
e0062415_1863255.jpg

いつもだと内海の氷下漁にオオワシがたくさん付き、オジロワシが外海にチョロチョロ、という様相なのだが、今年は流氷が入ってるため、確認されたそのほとんどが外海であった。
↓オオワシ
e0062415_1864767.jpg


↓オジロワシ
e0062415_186573.jpg

約2時間半の調査結果としては、オオワシ42羽、オジロワシ13羽の計55羽(ほとんどが氷上)を確認。

その他、目に付いた鳥では、シノリガモ、コガモ、ミコアイサ、クロガモ、オオセグロカモメ、ヒバリの他、
↓ハギマシコ
e0062415_1874680.jpg


↓コミミズク
e0062415_18854.jpg


調査終了頃には天気が回復し、流氷も動いて海が開いてきていた。
e0062415_1882128.jpg


帰り道、
途中で合流したOさんと3人で、タンチョウの“にお”のようすを見に行ってみた。
e0062415_18111450.jpg

以前補修してから何度か降雪があったので、3人とも気になっていたがなかなか来れなかったのだ。
結果、写真のとおり無事に建っていたが、入り口は半分以上塞がっており、というかタンチョウの足跡もなし・・・。
それにしても、武佐(岳)おろしのひどい風であった(×o×)
[PR]
by nakakyou_blog | 2011-02-20 17:16 | Comments(2)
2011年2月19日(土):天気回復!


予報ではあまり芳しくなかったが、実際には青空が出て、舗装道路上の雪はかなり融けた。
最低気温は上標津の-8.5℃、最高気温は中標津の-1.2℃で「2月下旬並」。

朝までにまた数cm雪が積もっていた。
↓丸山公園のようす
e0062415_1985315.jpg

e0062415_199593.jpg

昼前に行ってみたのだが、おお、まだ誰も歩いていない場所があった。
ここ数日で積もった雪は・・・、大人用長靴がちょうど埋まるくらいだ。

ただ、標津川堤防にはしっかりお散歩トレイルがついていた。
e0062415_19131162.jpg

たくさんの人達があるいているからなあ。

公園に池にはカワアイサ2羽とホオジロガモ2羽がいて、「お、増えてきたな」と思ってみていたが、標津川にはどちらの種ももっとたくさんいたのであった。
↓カワアイサ(メスばかりだった)
e0062415_19143971.jpg


↓ホオジロガモ
e0062415_1915815.jpg


今日も標津川の中ほどまで入ってみた。
e0062415_19153412.jpg

以前ドンドコ流れてきていたようなデカイ氷は皆無であった。

それと、
今日の古い写真は、『帝国製麻株式会社関係写真』に入っていた「計根別」(北海道立文書館蔵)。
※クリックすると大きくなります
e0062415_19215551.jpg

ここの工場は昭和12年に製線工場が上棟され(下の関連サイト)、昭和19年に閉鎖となっている。
撮影年は不明。

~関連サイト~
帝国製麻株式会社計根別製線工場上棟式 1(北海道大学 北方関係資料総合目録)
帝国製麻株式会社計根別製線工場上棟式 2(北海道大学 北方関係資料総合目録)

***プチお知らせ***
昨日掲載した明治31年の写真に情報を追記しました。
[PR]
by nakakyou_blog | 2011-02-19 19:36 | Comments(0)