「ほっ」と。キャンペーン
中標津町郷土館ブログ 学芸員日誌【書庫】
nakakyou.exblog.jp
このブログ内における広告は、運営会社により掲載されているもので当館が推奨するものではありません。ご了承ください。
コンテンツ
カテゴリ
以前の記事
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2012年3月31日(土):23年度最終日は雪![中標津町郷土館]


朝方雨でその後雪となる。
予報通りけっこうな降りで、これを書いている現在もなかなかの降りである。
最低・最高気温とも中標津で、最低は-0.1℃「4月下旬並」、最高+5℃「4月上旬並」。
最初の頃は降るそばから融けていたが、それも追いつかなくなり、またしても雪景色である。

今日は、新年度に向け、教育委員会の職員の皆さんとともに職場の机移動などの作業。
計画図面はあるのだけれど、やはり現場合わせが多いのはいつものこと。
というわけで、皆で知恵を出し合いながら狭い事務局内でパズルを解くかのように配置していくのであった。
毎回「もう、今回こそは物理的に無理だろう」という話になるのだけれど、なんだかんだで入ってしまうのはなんだか不思議ですらある。

年度末ということもあり、「なかしべつ移住100年100枚の写真展」からの写真は今日で最終回です。
↓平成9年12月22日、初めての町指定文化財「蛙意匠の土器」(続縄文時代初頭)が指定されました。
e0062415_168493.jpg

※郷土館に展示しています。

↓平成13年10月、「根釧台地の格子状防風林」が北海道遺産に登録されました
e0062415_1683522.jpg

これをきっかけに、すっかり格子状防風林がメジャーになりました。

↓平成19年10月22日、上武佐の北村邸主屋が当町で初めて国の登録有形文化財に登録されました
e0062415_16122189.jpg


そして、
ラストの写真。
↓平成22年6月30日、長い歴史を持つ中標津~丘珠便がラストフライトを迎えました。
e0062415_16152363.jpg

この翌日からは全て千歳便となり、現在に至っています。
[PR]
by nakakyou_blog | 2012-03-31 16:25 | 100枚の写真展 | Comments(0)
2012年3月30日(金):年度末~(汗)[中標津町郷土館]


朝方から気温は高かったけれど、ずーっと白っぽい空模様。
最低気温は空港の+0.4℃で「5月上旬並」、最高気温は中標津の+9.7℃で「4月中旬並」で[今年最高]と、昨日に続いて暖か^^
※上標津の+7.9℃、空港の+9.5℃も[今年最高]

↓水辺のカモたちも気持ちよさげであった
e0062415_15443531.jpg

積雪深も一気に10㎝ほど下がったのだけど・・・、土日はまたしても雪が降るんだとか(-_-)モウイイッテ

では、
早速「なかしべつ移住100年100枚の写真展」からの写真。
本日は施設関係です。
↓平成11年4月1日、現町立中標津病院が開院
e0062415_15454483.jpg


↓平成6年撮影、東7条北3丁目にあった先代の町立中標津病院(昭和43年~平成11年)
e0062415_15455816.jpg


それと、100枚の写真には入っていないが、施設がらみとして、
・平成12年2月、 法務局中標津出張所が開庁
・平成12年3月、中標津経済センター「なかまっぷ」完成
・平成12年7月、道立ゆめの森公園が一部供用開始


↓平成13年7月22日、道立ゆめの森公園が全面供用開始
e0062415_1546420.jpg

平成13年8月、中標津東部森林管理センター閉所式
平成14年3月、中標津警察署新庁舎が完成
平成14年11月、ごみ処分場(当幌地区)が完成


↓平成15年4月1日、中標津町総合福祉センターが開館しました
e0062415_15461460.jpg

平成15年4月、道立根釧農業試験場の新庁舎が完成
平成15年9月、中標津郵便局が新庁舎オープン
平成15年12月、運動公園のスピードスケート、アイスホッケー両リンクがオープン

平成10年頃からの数年間は、施設の移転や新築などが相次ぎました。
[PR]
by nakakyou_blog | 2012-03-30 18:30 | 100枚の写真展 | Comments(0)
2012年3月29日(木):キンクロハジロ飛来[中標津町郷土館]


朝方は白っぽかったが、ほとんど晴れの一日。
最低気温は中標津の-10.1℃で「3月中旬並」、最高気温は中標津の+7℃で「4月上旬並」で[今年最高]。
※上標津の+4.8℃、空港の+5.9℃も[今年最高]
出勤途中、丸山公園の木々が妙に白っぽかったので寄ってみたところ、朝方の冷え込みにより、枝先に霜がついていたのであった。
e0062415_17322293.jpg

e0062415_17324168.jpg

綺麗であったけれど背景が白いので今ひとつ写真では伝わらないのが残念・・・。
e0062415_17331943.jpg

ちょうど気温が上がり始めた時間だったので、見ているうちにドンドン消えていくという、なんともハカナイ美しさなのであった。

ふと池を見ると、白黒のカモが目についた。
↓キンクロハジロ
e0062415_17345248.jpg

毎年渡りの時期にやってくる常連さんである。
そういえば、そろそろオシドリも姿を見せてくれる時期であるなあ。

「なかしべつ移住100年100枚の写真展」から
↓平成5年 1月15日午後8時6分発生 釧路沖地震(震度5)
e0062415_1735588.jpg

幸いにも人的被害はガラス、やけど等による負傷でいずれも軽傷ですんだ。被害総額は各農協、商工会、町の調査で六月の定例議会に1億3千660万円と報告された。
この地震に際して友好都市川崎市から、1月27日に防災対策室の 職員一行6名が見舞と被害状況調査のため来町した。
なお、奥尻島に壊滅的被害を与えた北海道南西地震が発生したのは、この年7月12日の午後10時17分頃であった。(『中標津町五十年史』より)


↓平成6年10月 4日午後10時23分 東方沖地震(震度6)
e0062415_17353311.jpg

気象庁は、この地震を「北海道東方沖地震」と命名し、その規模をマグニチュード(M)7.9と発表していたものを10月11日になって(M)8.1と修正した。~中略~
これによる震度は5(強震)と発表された本町の場合、建物の損壊や地盤の割れなどから測定、一部震度も6(烈震)に修正された。(『中標津町五十年史』より)

[PR]
by nakakyou_blog | 2012-03-29 17:36 | 100枚の写真展 | Comments(1)
2012年3月28日(水):サイタサイタ![中標津町郷土館]


晴天、であったが、今日も今ひとつ気温は上がらなかった。
特に最低気温が低く、空港の-14.2℃は「2月中旬並」、最高気温は中標津の+1.3℃で「3月中旬並。

そんな寒さのため、
まだ雪はたくさん残り、
e0062415_1728649.jpg

丸山公園の池には1羽だけであるものの「冬の使者」がいます。
e0062415_17281648.jpg


でも、そんな中
咲いてました!
↓キタミフクジュソウ
e0062415_17282622.jpg

e0062415_17283489.jpg

花粉も出ているし、撮った時にはいなくなってしまったが、中には虫の姿もあったので開花でよいでしょう。
e0062415_17295369.jpg


ちなみに、
ここ数年の開花確認日は、
2011年・・・3/7
2010年・・・3/20
2009年・・・3/18
2008年・・・3/9
なんにしても1週間以上遅いのはこの雪と寒さのためであるのは間違いないだろう。

そして、
「なかしべつ移住100年100枚の写真展」から
↓平成9年8月29日発生の事件
e0062415_1730767.jpg

白昼堂々と市街地のど真ん中で!?、とかなりビックリしたことを覚えています。
[PR]
by nakakyou_blog | 2012-03-28 17:31 | 100枚の写真展 | Comments(0)
2012年3月27日(火):来年度に向けてあれこれ[中標津町郷土館]


雪が少々チラついたり風が強かったりしたけれど、終日なかなかの青空。
しかし、気温はさほど上がらない上に、3~5mの風により体感気温も低め。
最低気温は空港の-11.3℃で「3月上旬並」、最高気温は中標津の+1.3℃で「3月中旬並」。

今日は、本年度のまとめや来年度に向けての準備などの事務仕事がメイン。
なので、写真は昨日撮ったものから。
↓ヒドリガモ
e0062415_20145658.jpg


↓ホオジロガモ
e0062415_2015476.jpg


↓カワアイサ
e0062415_20151167.jpg

メスをめぐって仁義なきタタカイが相当長く繰り広げられていた。

そして、
「なかしべつ移住100年100枚の写真展」から
↓平成5年12月9日、国道272号(中標津バイパス)が完成
e0062415_2016323.jpg

e0062415_20161454.jpg

e0062415_20162030.jpg

国が48億円の巨費を投じて、1989年(平成元)から工事がすすめられていたこのバイパスは、一部が1990年(平成2年)12月5日から暫定供用され、平成5年12月9日から全線が供用開始となったことにより、市街地の迂回が可能となりました。
また、このバイパスの一地点が東経145度の子午線にあたることから、バイパス期成会が中心となり東経145度地点にモニュメントが設置されました。
e0062415_20173350.jpg


↓平成5年当時の旧駅前通
e0062415_20181582.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2012-03-27 20:18 | 100枚の写真展 | Comments(0)
2012年3月26日(月):まだ咲かない・・・[中標津町郷土館]


朝起きると10㎝ほどの積雪あり。
夕方前には雪も降ったりしたけれど、それでもほぼ一日なかなかの空模様。
最低気温は空港の-10.5℃で「3月上旬並」、最高気温は中標津の+3.8℃で「3月下旬並」。
雪も降るけれど、日差しの力強さが日に日に増してきているのが嬉しい。

今日は朝一番で特別展の撤収へ。
「ヨーシ、片付けるか!」、と思ってしるべっとに入ったら・・・、あれ?メチャメチャ目立つ看板がない(@_@)ン?
どういうことだ?、と思って近づいてみると、なんとしるべっとのスタッフにより9割9分すでに完了していたのであった。いやはやいつもありがとうございます。
今年度の特別展は12月から昨日まで3ケ所で開催し、トータル4000人以上の方に見ていただけたようである。
新聞、ラジオ、TV、雑誌など、(無料の)PRにも力を入れたこともあったが、とにかくお世話になった皆さんありがとうございましたm(_ _)m

その後、片付けで郷土館へ。
作業後、日差しの力強さに「もしかして公園内のキタミフクジュソウがそろそろ開花かも?」と期待を込めて見に行ってみた。
が・・・、ウ~ムもう少しだ!
e0062415_19424693.jpg


e0062415_20105389.jpg

池には、マガモ、コガモ、ホオジロガモ、ヒドリガモ、カワアイサの姿があった。
その他では、ヒヨドリ、カラ類、ケラ類と、
↓ツグミ
e0062415_19475429.jpg

それと、今日は渡り鳥であるカワラヒワの鳴き声を今季初めて聞く。
春らしくてよいなあ(^-^)

そういえば残念ながら最近全然オジロワシの姿が見えない。
もうどこかに行ってしまったのかなあ。

あと、
鳥ではないけれど、ひさしぶりにエゾリスとご対面。
e0062415_19481182.jpg


そして、
「なかしべつ移住100年100枚の写真展」から
↓平成4年7月9日、中標津町と神奈川県川崎市との友好都市協定が締結されました。
e0062415_2024923.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2012-03-26 20:07 | 100枚の写真展 | Comments(0)
2012年3月25日(日):特別展、本日で終了です[中標津町郷土館]


昨日の雪により、見た目は冬に逆戻り。
e0062415_16184328.jpg

しかし数㎝にとどまってくれてよかったなあ。
この程度ならすぐに融けてしまうだろう。

今日の空模様は、午前まではそれなりに良い天気であったけれど、昼過ぎからは予報どおり雪がチラチラ。
最低気温は空港の-7.9℃で「3月中旬並」、最高気温は同じく空港の+0.4℃で「3月上旬並」。
天気予報を見ると・・・、明日以降の最高気温はいずれもプラス気温になるようだ。
いいぞいいぞ^^

今日の午後からは、「中標津町体験観光ガイド」講習会の講義。
e0062415_16311951.jpg

北海道学&中標津学を40分ほど話す。

さて、しるべっとでの開催は今日で最終日となった、「なかしべつ移住100年100枚の写真展」から
※こちらはもう少し続きます
↓平成2年8月、中標津高等学校野球部が甲子園に初出場!
e0062415_16221815.jpg

和歌山県の星林高等高校に5-4の惜敗でしたが、野球部には初の町栄誉賞が授与されました。

この件については、ネットで検索するとたくさんのページがヒットします。
甲子園、さすがです。
[PR]
by nakakyou_blog | 2012-03-25 16:37 | 100枚の写真展 | Comments(0)
2012年3月24日(土):彼岸荒れ?[中標津町郷土館]


朝からチラチラと降り始めた雪はそのままズーっと降リ続いた。
最低気温は上標津の-4.5℃、最高気温は中標津の-2℃で「2月中旬並」。
日中は下の写真のような感じ。
e0062415_17493667.jpg

積雪量は風があるので場所によって違うだろうが、数十㎝ものドカ雪にはならないようである。

それでは早速、
「なかしべつ移住100年100枚の写真展」から
↓平成2年5月12日、大きなヒョウが市街地を中心に降り、多くの被害が出ました
e0062415_17574720.jpg

e0062415_17575572.jpg

↓オレンジ色の丸いのはピンポン玉
e0062415_1758199.jpg


↓降っている最中の様子
e0062415_17582622.jpg


↓今も屋根に残る降雹の痕
e0062415_17591346.jpg

e0062415_1759182.jpg

自分が中標津に来たのは翌年の平成3年。
「ポコポコと凹みのある車が多いなあ」と不思議に思っていたが、それがこのヒョウの仕業であることを後日知ったのであった。

↓中標津市街を襲った雹
1990年(平成2年)5月12日、市街地に直径1~3㎝の降雹があり、家屋車両などに被害などに被害をもたらした。
釧路地方気象台中標津出張所の観測によると、午後4時28分から45分かけて市街地の極地的降雹であった。
12日の午後の天候はぐずつき気味で、ときおり雷鳴が遠く響いていたが、サクラは満開、土曜日の午後ということもあって、暖かければ夜桜を楽しむという雰囲気であった。
すさまじい雷鳴と屋根をたたさつける音は天地をゆるがすほどで車はストップ、歩行者はあわてて軒下に退避、町の機能が完全にストップとなった。被害下地域は家も、車も、畑も、そして庭もめった打ち、被害地区は最大幅約500mで長さ約1kmほどの帯状の地域で市街地西側に集中した。
札幌管区気象台の説明では「この雹は本道上空に冷たい空気と地上近くの暖かい空気で大気の状態が不安定になったため」としているが、道立中標津高等学校が破損の窓ガラス500枚余(半紙版)が破損するなど臨時休校するほどだった。
町の調査によると自動車ボディ、窓ガラスの損害3億8千万円、住宅(公住、教育住宅)被害9千万円、公共施設被害4億7千万円であった。幸い人畜に被害はなかったが、市街地開びやく以来の出来ごとといわれた。
当日の最高気温は15.2度、最低気温は5.2度(根室測候所)であったが、降雹のあとは急激に気温が低下し、さながら冷凍庫内部のように氷煙がたちこめた。
この降雹被害により、日本損害保健教会北海道地方委員会がまとめたところによる損害保健金は自動車1千597台に対し4億5千7百万円、家屋に対し17億8千3百万円、合計22億4千万円が支払われた。
(『中標津町五十年史』より)

[PR]
by nakakyou_blog | 2012-03-24 18:02 | 100枚の写真展 | Comments(0)
2012年3月23日(金):内示出る[中標津町郷土館]


ほとんど曇りの一日。
最低気温は上標津の-11.5℃、最高気温は中標津の+4.7℃で「3月下旬並」。
現在の積雪深は84㎝。
うーむ、まだまだだなあ。
早くガッと暖かくなってくれないものだろうか。

とはいえ、
標津川沿いのヤナギたちには猫柳が目立ってきていた。
↓ネコヤナギ
e0062415_17312088.jpg


↓エゾノキヌヤナギ
e0062415_17313928.jpg

黒い帽子のようなものは芽鱗(がりん)といい、いわば「冬芽の防寒具」。
それが取れかかっているということは我々がコートを脱ぐのと同じで、つまり春間近、なのである。

それにしても、
エゾシカの食害がヒドイ・・・
e0062415_1732685.jpg

e0062415_17321996.jpg

e0062415_17323587.jpg

e0062415_17324368.jpg

e0062415_17325921.jpg

ヤナギとイチイ(オンコ)が特にやられております。

それと、
「なかしべつ移住100年100枚の写真展」から
↓平成2年、東京ジェット直行便が就航しました
e0062415_17331186.jpg


e0062415_1733225.jpg

1990年(平成2年)7月28日には待望の1,800mの滑走路が完成し、新空港全面供用開始となった。同時にB737型ジェット機(126人乗り)による東京直行便が就航し、午後から同空港エプロンで第1便の出発を祝う記念行事が行われた。
この日の空港は快晴で、式典には地元関係者をはじめ横路知事、運輸省、開発庁、エアーニッポン、地元代議士など約二百人が参列し、滑走路の1,800m供用開始式に続いて初便出発式を行った。このあと祝賀パーティーを開催し関係者、住民がジェット化実現を喜びあった。〔『中標津町五十年史』より〕

[PR]
by nakakyou_blog | 2012-03-23 17:35 | 100枚の写真展 | Comments(0)
2012年3月22日(木):来ないでほしい彼岸荒れ[中標津町郷土館]


薄曇~曇~雪チラチラ~青空。
最低気温は空港の-14.2℃で「2月中旬並」、最高気温は中標津の+3.3℃で「3月下旬並」。
日中はそれなりに気温が上がるのだが、いやあまだまだ朝晩は寒いです。
そんな中、予報を見ると週末は荒れるとか?
ウーム、もう雪はいらないのだがなあ。

さて、
郷土館に用足しに行った時のこと。
丸山公園の池には、マガモ、コガモ、カワアイサ、オオハクチョウたち200羽以上がいた。
ほとんどマガモとコガモなのであるが、なぜかほとんどいなかった昨日に比べ賑やかであった。
e0062415_1723287.jpg

が、それにしても何だか妙な空気。

オジロワシの姿はないけれど、
・・・おかしい。

これは別の猛禽でもいるんじゃないか???
と、思ったら・・・、オオタカ!
e0062415_1723175.jpg


それと、
「なかしべつ移住100年100枚の写真展」から
↓平成元年7月28日、国内初の木造空港ターミナルビルが供用開始となりました。
e0062415_17234268.jpg


↓当時の外観
e0062415_17235912.jpg

[PR]
by nakakyou_blog | 2012-03-22 17:24 | 100枚の写真展 | Comments(0)