人気ブログランキング |
中標津町郷土館ブログ 学芸員日誌【書庫】
nakakyou.exblog.jp
このブログ内における広告は、運営会社により掲載されているもので当館が推奨するものではありません。ご了承ください。
コンテンツ
カテゴリ
以前の記事
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
<   2013年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2013年9月21日(土):標津番屋屏風に描かれたアイヌの姿とは!?〔中標津町郷土館〕


今日は青空もあったのですが、基本薄い雲がかかっていました。
最低気温は上標津での12.7℃、最高気温は中標津での23.5℃で「8月中旬並み」。

午前中は千葉大学による当幌川遺跡発掘調査に行って来ました。
↓埋め戻し中の18号住居
e0062415_21424473.jpg


午後からは、『しべつ縄文まつり2013特別講演会 アイヌ風俗資料としての"標津番屋屏風"』を聴講しに標津に行って来ました。

講師、佐々木利和先生からは、『標津番屋屏風』に描かれたアイヌ民族の様子について教えて頂きました。
e0062415_21315622.jpg

中でも、道東地域では標津番屋屏風のようにアイヌの家である「チセ」が写実的に記録された例は珍しく、アイヌ風俗資料としての価値が高いと佐々木先生は評価していました。

↓『標津番屋屏風』に描かれたアイヌ民族の家「チセ」
e0062415_21311673.jpg

※写真中央の紅葉した木の後ろ、とその右側にあるのがチセです

入り口(セム)があり、屋根には煙出しがある。、屋根は草で葺かれている(地域によっては笹や樹皮を使う)。
また、右側にトバを作るため、サケを干している様子が描かれており、さらに手前のアイヌの男性は髷を結っている、など、たくさんの情報が詰まっています。

最後に、佐々木先生から西厳寺住職(「標津番屋屏風」所蔵)が所有している「蝦夷錦の七條袈裟」などについて説明して頂きました。
e0062415_21412178.jpg

「蝦夷錦は18~19世紀に清朝(現在の中国)の官服として使用された錦の衣でアムール川下流域からサハリンを経由して、北海道のアイヌ社会に、そして松前藩を介して日本国内に持たらされていたものです。龍の刺繍が特徴で、その爪の数には3本、4本、5本といくつかの種類があり、5本爪の龍(蟒)文が最も上質とみなされていました。この蝦夷錦の袈裟は西厳寺13代住職が明治初期に北海道に巡行した際、日高地方の檀家から御礼として頂いたものといわれています。」(ポー川史跡自然公園展示パネル』より)


↓「蝦夷錦の七條袈裟」は五本爪です。
e0062415_21323162.jpg


↓「蝦夷錦の七条袈裟」の本体はポー川史跡自公園で公開中です。
e0062415_20424676.jpg


講演会終了後、『標津番屋屏風』、『蝦夷錦の七條袈裟』、それから会津藩主松平容保が使用したと伝わる漆器を見てきました。

↓伝松平容保使用漆器
e0062415_20505893.jpg


今日一日、Y係長(学芸員)に同行させて頂きました。

本日のブログはM学芸員でした。
アイヌ民族の生活の様子が屏風絵から読みとれて興味深かったです!(V-V)/
by nakakyou_blog | 2013-09-21 21:02 | Comments(0)
2013年9月20日(金):彼岸の入り[中標津町郷土館]


陽は射したりしたけれど曇りがちの一日。
最低気温は空港での8.1℃で「9月下旬並」、最高気温は中標津での20.5℃で「9月中旬並」。
気が付けばけっこう日が短くなってきています。
で、今日は珍しく空(雲か)が焼けていました。
e0062415_1873074.jpg


今日の午前中は、原稿書き、打ち合わせ、行政事務や副読本に関することなど事務処理的なもの。
午後からは物品運搬、発掘調査現場へ。

下の写真は、竪穴住居址内から出た炭化材をキレイにしているところ。
e0062415_18113975.jpg

若者たちは「腰が痛い~」と言いながらも頑張っていました。
調査も残り3日。追い込みがかかっておりました。

オマケ写真は、現場の近くで見かけたエゾツユムシ
↓オス
e0062415_1812283.jpg


↓メス
e0062415_18124262.jpg


by Y
by nakakyou_blog | 2013-09-20 18:17 | Comments(0)
2013年9月19日(木):十五夜の夜〔中標津町郷土館〕


今日は一日晴れていましたが、時おり雲に覆われました。
最低気温は根室中標津(空港)での4.7℃、最高気温はやはり根室中標津(空港)での20.8℃で「9月中旬並み」。

本日も、朝から千葉大学による当幌川遺跡発掘調査に参加いたしました。
発掘中、川の方からバシャバシャと水の音が!
ついに熊が出没か!!(゚ロ゚屮)屮ぉお

と、思って見てみたら、その正体はサケでした!
e0062415_183545100.jpg


遺跡は、無名の小川が当幌川へ合流する地点にあります。
恐らく、当時の人々もたくさん遡上してきた鮭鱒の漁をしていたことでしょう!
また、この近辺はギョウジャニンニクやワラビなどの山菜がたくさんある。つまり漁労・採集には良好な土地です。
また、住居址は山を背にして建てられており防風効果もあります。
昔の人が、よく考えて住まいを探していたことが伝わってきます(V-V)/

↓当幌川遺跡図面
e0062415_1840753.jpg

(H16号住居址とH18号住居址が今年度の発掘区です)

今日のブログはM学芸員でした。

本日はタイトルのとおり、「十五夜」です!
これから月見をしようと思いますが月はいかがか!?
一度は足利義政公のように銀閣寺で月見をしてみたいものです…ホホホ
e0062415_20511257.jpg

by nakakyou_blog | 2013-09-19 18:46 | Comments(0)
2013年9月18日(水):止められない止まらない[中標津町郷土館]


雲多めながらも昨日に引き続き晴れ。
夕方には一時雨の降ったところもあるという。
最低・最高気温は上標津で、6.3℃と21.1℃。

写真は、毎年花の時期が終わってから草刈りをしている川西地区のエゾリンドウ群生地。
e0062415_17465187.jpg

ここは今が最盛期の模様。
車でビューンと通り過ぎてしまえば目に入らないかもしれないけれど、実はけっこう咲いております。
e0062415_17473516.jpg

昨年おおまかに数えた60株くらいは確かにありそうだ。
e0062415_17481359.jpg


撮影後は、その足で終盤に入りつつある発掘調査の現場へ。
e0062415_17485363.jpg

壁の土止めに使われたであろう炭化材がけっこう検出されております。
e0062415_17503019.jpg

いつも手を出さないようにしていたのだが、今日「ちょっとだけ」と思いつつ炭化材の検出を始めたら・・・、止まらなくなっちゃいました(^_^;

で、竹串と炉箒でキレイにしたのが下の写真です。
e0062415_17504435.jpg


by Y
by nakakyou_blog | 2013-09-18 18:00 | Comments(0)
2013年9月17日(火):温帯低気圧一過[中標津町郷土館]


快晴!
e0062415_17381815.jpg

昨日の嵐は何だったのか?、というくらいの晴れっぷり。
という天気であったため、郷土館の近くでは久々にシマヘビが顔を出しました^^;
e0062415_17382683.jpg

低気温は上標津での10.8℃、最高気温は中標津での23.4℃で「8月中旬並」。
空模様は昨日と今日でずいぶん違うけれど、増水した川の様子は昨日の嵐がひどかったことを物語っております。
↓溢れていた丸山公園の池
e0062415_17384310.jpg

↓浅瀬にはサケ科と思われる魚の姿があった
e0062415_17383466.jpg


今日は、昨日の嵐による被害の有無を確認するため、朝一番で発掘調査現場&郷土館&文化財施設の巡検、丸山公園を一周し館内の「いきもの掲示板」の更新、写真整理、総務文教常任委員による発掘調査視察の随行、歴史系問い合わせ対応ほか。

↓写真は、総務文教常任委員による発掘調査視察の景
e0062415_1739767.jpg

実はこの視察、午前中に予定されていたのだが、朝は下の写真のように竪穴住居内に水が溜まってプールの如き状態・・・。
e0062415_17391710.jpg

しかし、それも学生さんたちの作業によって調査&視察が可能となった、というわけである。
お疲れ様でした。
e0062415_17393271.jpg


おまけ写真は、発掘調査現場近くで咲いていたミソガワソウ
e0062415_17393683.jpg


by Y

2013年9月17日の丸山公園
by nakakyou_blog | 2013-09-17 17:41 | Comments(0)
2013年9月16日(月):台風接近![中標津町郷土館]


根室管内は台風の接近に伴い昼前くらいから雨→ひどい雨。
それも明日未明くらいまで続くとのこと。
最低気温は上標津での15.8℃、最高気温は中標津での21.8℃で「9月上旬並み」。
↓天気図 日本気象協会 URL:http://guide.tenki.jp/guide/chart/
e0062415_234559.jpg


今晩は、大嵐の中、予定どおり千葉大学教授柳澤清一先生による講演会『中標津町における発掘調査事例から』が開講され、標津町・中標津町10年間の発掘調査の成果を報告して頂きました。

柳澤先生(講師)は、本町に所在する遺跡《鱒川3遺跡H23・H24発掘)、当幌川遺跡(H24・H25発掘)》を3年間にわたって発掘調査を実施してきました。その成果から隣町標津町での発掘調査成果と対比しながら独自の見解を説明して頂きました。

↓講演会の様子
e0062415_2394389.jpg


悪天候の中にもかかわらず、多数のかたに聴講して頂きました。
柳澤先生、聴講者のみなさまありがとうございました。

因みに昨日は、早朝5時半に斜里町教育委員会で一昨日までB調査が実施されていた「ウトロチャシコツ岬遺跡」に行って参りました。
遺跡の台地上部先端からみた景色。
e0062415_23164083.jpg

現地では数十件の竪穴住居址がありました。
景色がきれいでしたが道中の海岸沿いもきれいでした!

今日のブログはM学芸員でした
by nakakyou_blog | 2013-09-16 23:34 | Comments(0)
2013年9月15日(日):チーズフェスティバル終了[中標津町郷土館]


予報どおり曇りのち雨。
最低気温は空港での14.5℃で「8月中旬並」、最高気温は上標津での22.8℃。
昨日ほどではないけれど、やや気温高め。

下の写真は、昨日今日の開催の、別海町産業祭内に設営された「中標津町・別海町から贈るチーズフェスティバル」のテント。
e0062415_18372788.jpg

実はこのテントには文化庁の補助事業で作成したばかりのパネルを展示しておりました。
e0062415_1838950.jpg

e0062415_18422117.jpg

e0062415_18393545.jpg

e0062415_18401131.jpg

↓先日開催したワークショップの内容も盛り込まれております
e0062415_18431251.jpg

関係者の皆さん、2日間大変お疲れ様でしたm(_ _)m

オマケ写真は、発掘現場付近に咲いていたトモエソウ。
e0062415_18444576.jpg


by Y
by nakakyou_blog | 2013-09-15 18:56 | Comments(0)
2013年9月14日(土):26年前の今日の写真[中標津町郷土館]


朝方雨が降ったりしたが、その後晴れとなる。
低気温は上標津での17.1℃、最高気温は中標津での26.1℃と、またまた「最も暑い時期を上回る」。
3日連続の夏日なんて久々ではなかろうか。

写真は、役場史料室(旧町史編纂室)に保存されていたもの。
「昭和62年9月14日 皇太子殿下美智子妃殿下根室管内ご視察」
↓空港は旧中標津空港、機体はYS11でした。
e0062415_18315071.jpg

e0062415_1832071.jpg

e0062415_1832910.jpg

e0062415_18321525.jpg

e0062415_18322264.jpg

e0062415_18322935.jpg

e0062415_18323724.jpg

e0062415_18324338.jpg

旧空港から役場横を通過し、大通りを通って根室へ向かわれました。
おそらく、あっという間の通過だったのではないでしょうか。

写真に写りこんでいる町並みを見てみると・・・、この26年間でけっこう建て替わったことが分かります。

by Y
by nakakyou_blog | 2013-09-14 18:47 | Comments(0)
2013年9月13日(金):夏日2連チャン[中標津町郷土館]


うっすら曇り。
低気温は空港での9.6℃で「9月中旬並」、最高気温は中標津での25.8℃で、今日も「最も暑い時期を上回る」。

今日の午前中は、文化庁補助事業にかかる事務処理と打ち合わせなど。
午後からは、講義資料作成、HPの修正、ネガ整理、発掘現場へ。

写真は先日郷土館上空を飛んでいた飛行機。
e0062415_19412624.jpg

機体番号から検索してみると・・・、Beech A36という形式で、所有者は全日空商事、使用者が独立行政法人航空大学校、登録定置は帯広なのだそうな。
JA4216をネット検索してみる

オマケ写真は、近場で咲いていた花たち。
↓クサフジ
e0062415_19441270.jpg


↓ナガボノシロワレモコウ
e0062415_19445490.jpg


↓エゾリンドウ
e0062415_19443939.jpg


↓シロバナウツボグサ
e0062415_19442542.jpg


by Y
by nakakyou_blog | 2013-09-13 19:50 | Comments(0)
2013年9月12日(木):晴れ男伝説継続中[中標津町郷土館]


午前中は雨であったが、予報通り青空が出た。
「今日の予報はバッチリ当たってるなあ」、と思っていたのだが、午後から降った短時間の土砂降りは、まったくもって予想外だった(*_*)
最低気温は上標津での17.6℃、最高気温は中標津での25.5℃で「最も暑い時期を上回る」。
と、ジミに「夏日」なのであった。

今日の午前中は、文化庁補助事業にかかるパネルの校正作業ほか。
午後からは、郷土館友の会と文化財保護審議委員による発掘調査現場の見学会ほか。

それにしても、午後からの見学会の集合時間に降った土砂降りはなかなかすごかった(写真撮っておけばよかったなあ)。
通常であれば中止レベルの降り方なのだが、雲の様子を見ると限定的であることが判断できたので、変更せず現地へ向かったところ・・・、到着時には見事に雨があがり陽が差してきた!
ということで、(アヤシイ日もあるにはあったけれど)今のところ晴れ男伝説は春から継続中であります(^-^

写真は本日の見学会の様子。
↓担当教授の柳澤先生から説明を受けているところ
e0062415_1652246.jpg

e0062415_16523878.jpg


オマケ写真は、
丸山公園の
↓ヤマブドウ
e0062415_16501677.jpg


↓トチノキ
e0062415_1650118.jpg


by Y
by nakakyou_blog | 2013-09-12 18:46 | Comments(0)